自己愛性人格障害のひとは自分の怒りをあなたのせいにする

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分の感覚がおかしいと思うことが認められず

自分がそう感じるのは相手がおかしいからと

おもいたいことについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとと

話していると

彼のしたことが、なぜか

あなたがしたことのようになっているときが

ありませんか?

たとえば

彼の機嫌が悪くなって

帰ってしまったことがあり

しばらくたって

その時のことを話していると

機嫌が悪くなったのはあなたのほうで

あなたが帰りたそうだったから

仕方なく俺も帰ることにしたよ、とか

2人で新居の買い物をしているときに

彼がいいものを買いすぎて気になっていたのに

あなたが欲しいといったから買ったんだ、

と言われてしまったり。。。

「違うよ。」なんてとても言える雰囲気ではなく

まるであなたがそのことに納得しなければ

ならないような

言い方をします。

これは普通の人には思いつきもしないことなので

驚くのですが

そもそも自己愛性人格障害のひとは

自分のおなかの中にいつも怒りを持っていて

ちょっとしたことでイライラしやすいと思います。

彼は、ちょっとした何かが起きたから

自分がイライラしている、と思っていますが

実はその逆でもともとイライラしているところに

彼がなんでだろうと考えたときに

目の前にある何かのせいにしたいからです。

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が分かる

フィーリングというものが分かりません。

数字や色や大きさなど

目に見えるもの計算できることは

理解することができるのですが、

相手の気持ちを想像することや

理解して

自分も同じ気持ちになることができないのです。

それでなんとなく常にイライラしているのですが

それを後から自分の中で

自分のせいではない何かのせいにして

肯定していなければ気が済まないのです。

自分は本当は価値のない人間だと思い込み

そのことに極端に恥ずかしいと思っていて

人にばれるのを恐れています。

自分は尊大な尊敬されるべき人間でない事は

正気でいられないほど

怖いのです。

だから無意識のうちに常になんでも

すぐそばにいる人や物のせいにします。

自分が価値にない人間だということが

周りに人に知れたら

生きていけないと思うほど

恥ずかしいので必死に隠して尊大な自分を演じながら

常に自分の周りに悪者にできる人物を作っておかないと

いつ自分が価値のない恥ずかしい人間だということばれてしまうか

恐怖におののいているのですが、

本当は価値にない人間ではないのです。

その思い込みこそが

病気で「違うよ。」と教えてあげても

「甘えに何が分かる!!!」と

自己愛憤怒を起こして

キレるのです。

たとえ親切で言ったとしても

自己愛性人格障害のひとには伝わらず

キレられてしまい、しかもその怒り方は

尋常ではないくらい怖いです。

ただでさえ親切で言ったのに

教えてあげた人は

彼の心配を取ってあげようとか

そこまで思わないとしても

親切で言っているだけです。

それなのにキレられたら

どんなに怖いでしょう。

そしてそのキレる症状は

異常に怖くしかも意味が分からないので

また自己愛性人格障害のひとは

周りの人に悪く思われてしまうかもしれないと考えます。

そして無意識のうちに

そこまで彼が切れてもおかしくないほどの

状態をあなたに押し付け

自分は正義の顔をして

ターゲットとなった人を悪者にして

正義感のためにひどいことをしたあなたにキレるのです。

あなたが悪者になれば

キレた自己愛性人格障害のひとは正義の味方となり

同情を得ます。

それと同時にあなたは意味も分からず悪者にされ

翌日から

誰からも口をきいてもらえなくなるのです。

この現象は何でしょう?

こんなに理不尽なことは

教えてあげた人から見ると

ものすごいショックと恐怖だと思います。

人は意味の分からないことには

恐怖の感情を持つのです。

そうやってあなたは

自己愛性人格障害のひとの罪を

いつの間にか擦り付けられ

少しづつ、時間をかけて

周りの信用を無くしていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする