自己愛性人格障害の人は自分の責任を無意識にあなたの責任にしてしまう

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

どうしても自分の責任から逃れてしまう

仕組みについてお話ししたいと思います。

自己愛性人格障害は

自責の念がないといわれていますが、

そもそも自分がしていることの

自覚がありません。

自尊心が驚くほど低すぎるために

それをごまかすために常に

尊大な自分を演じていますので

そもそもが日常的に

作った毎日を過ごしています。

外観は責任感がありそうに見えますが

そもそもそれ自体が

尊大な自分を演じているため

中身がありません。

作ったうわべだけの尊大な自分に

責任など取れるはずもありません。

だから責任が取れないことをごまかすために

自分のしたことを

常にだれかに擦り付けています。

そうやって必死で生きていかないと

いけないような習性になっていますので

幼いころからそれが日常化されています。

だからやっていることすべてに

責任が取れないのです。

それが自責の念がないといわれる由来で

他人に責任を押し付けながら

尊大な自分を演じているわけです。

その責任をなすり付けられる相手は

たいていの場合、ターゲットとなり

あなたは彼のそばにいると

細かいことも何もかも

常に彼の責任を

取り続けていなければならないのです。

だから苦しくて

あなた自身も他人のことを

自分のことのように感じてしまう

共依存の体質なため、

自分の責任としてとらえます。

自分でも気づかない間に

どんどん苦しくなるのです。

これはここまで深く考えないと

分からないことで

普段は面倒くさいので

ま、いっか、というように

すべての責任を取り続けて

あなた自身も気づかない間に

どんどん苦しくなっています。

だから自己愛性人格障害の人の責任は

あなたが受けてはいけないのです。

わざわざ彼に言う必要はありません。

あなたが受けずに

彼にそっとお返しをするだけでいいのです。

自己愛性人格障害の人は

無意識に子供のころから習慣として

その行動をしてしまっているので

自分がひどいことをしているという概念が

そもそもありません。

そんなことを彼に言っても分からないのです。

脳の構造によりどうしても

責任から逃れてしまうので

あなたが人の責任まで

引き受けてしまう習性を変えないと

どんどん自己愛性人格障害の人の責任を

引き受けてしまうのです。

あなたが受けないだけで

彼はその責任のことについて

考えなければならなくなるのです。

ですが、あなたが彼の責任を取り続けていると

二人の中で成立してしまい

それが表だって出てきません。

彼もそれでいいと思ってしまっているので

なんとも思わず、

それが普通のことだと思ってしまっていて

そのまま大人になってします。

だから今さら彼に間違っていると教えても

無理なのです。

本人の自覚があってやっているうちは

分かるかもしれませんが

自己愛性人格障害の人は

自覚なくやっているのでわかりません。

今までそれが普通のことだと思って

生きてきてしまっているので

今さら違うといったところで

彼に理解はできないでしょう。

だからあなたは

彼の責任を受けずにそっとお返しするだけで

ずいぶんと楽になることが出来ます。

あなたの彼が自覚があるかないかは

病気の症状の程度によりますので

あなたがみてある程度は判断できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする