自己愛性人格障害の人は、厳しい愛のある人だと思われている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

周りの人にどう思われているか?ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人の

怒り方が怖い、という人が

とても多いです。

今まで優しかった彼が、

突然、理不尽なことで怒るようになり、

怒り方も頻度も増していきます。

それを周りの人が、見ていることも多いと思うのですが、

周りの人からは、

自己愛性人格障害の人とは

どういう風に映っているのでしょうか?

Tiaraも元彼に怒り方が怖い、といったことがありますが、

Tiaraの元彼は

大声を出す人ではありませんでした。

話し方もとても丁寧で紳士的。

でも、静かに怒っていても

なぜか怒鳴る人よりも、怒り方がとても怖いのです。

そもそもなんでそれがいけないのか?とか

どうして怒っているのか?というのが

分からない状態で怒ることが多かったので

理不尽に厳しく怒ることは、

とても怖いと思います。

しかし、怒った後に

Tiaraのことが大切だから分かってほしかったんだ、とか

Tiaraのためを思っていってるんだよ、と言われると

なぜか、

分かっていなくても、

わからないTiaraがいけないんだ、と思ったり

彼はTiaraのことを思って言ってくれているから、

とか

彼がなぜ怒っているか、真剣に考えたりしていました。

今だったら、

「何にもしていなのにどうしてそんなに怒っているの?」と

言っていたところですが、

当時は、こじつけで怒っていることに

気づきませんでした。

多くの方が、自己愛性人格障害の人のことを

人のためを思って厳しく言ってくれる人、

だと思っています。

だから、怖いことは怖いのですが、

彼を理解しようとしてしまうんです。

だから、そんなに悪く思わず、

私が分かってあげなきゃ!とそばにいてしまうんです。

そして周りの人も

怒っているところはちょこちょこ見ているのですが、

面倒も見てくれているところも見ているので

相手のことを思って、

厳しく言っているんだな、としか思わないのです。

厳しいところだけでなく

優しく世話を焼いているところも

周りの人に見せているので

分からないのです。

ですが、

自己愛性人格障害の人は、

理不尽にこじつけて

どんな細かいことでも理由をつけて

自分の中の怒りをターゲットにむけて

発散しているのです。

自己愛性人格障害の人が、

ターゲットに対して

優しく面倒を見ているところと

怒鳴っているところを両方見せているので

分からないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする