自己愛性人格障害の人は、なぜあなたの評判を落とすのか?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

あなたの評判を落とす心理について

お話したいと思います。

あなたが自己愛性人格障害の彼と

別れたあとにあなたの話が

周りの人に

ぜんぜん違って受け取られていることが

あると思います。

このとき、話が違うと言うことを

周りの人にわかってもらいたいのは

山々だと思いますが、

それはやめたほうがいいでしょう。

誤解されていても

真実を伝えようとか

分かってもらいたいとかいう気持ちが

余計にあなたの信用を

落とすことになるのです。

自己愛性人格障害の人は

人から嫌われることに

極度の恐怖心を持っているため

あなたが周りの人に

真実を分かってもらおうとしなくても

自己愛性人格障害の人は

それを恐れています。

それは自己愛性人格障害の人にとって

とてもおそろしいことです。

自己愛性人格障害の人は

非常に臆病なため

事前準備が無意識のうちに

完璧なのです。

あなたが本当のことを言っても

信じてもらえないようになっています。

あなたが騒げば騒ぐほど

あなたがおかしく思われます。

自己愛性人格障害の人は

根回しをするということを

はじめから予想しておきましょう。

自己愛性人格障害とは

そういうものなので

落ち着いているほうが

あなたのためなのです。

逆にあなたが騒ぐことを前提とした

彼の行動があったはずなので

あなたがおとなしくしていると

逆に彼のしたことが不自然になっていきます。

だから自己愛性人格障害の人がやることに

いちいち反応しないでください。



自己愛性人格障害の人は

その障害のために

どうしてもそうなってしまうのです。

あなたの大好きな彼が

そんなことをしているなんて

ショックですよね。

でも、

自己愛性人格障害のたいていの被害者は

周りの人に誤解されてしまい

どうしていいかわからない、

と悩む方が多いですが

悩むことによって

あなたの心が苦しくなってしまいます。

彼を好きな気持ちと

彼にひどいことをされたという苦しみで

耐えがたい屈辱を味わうのです。

でも、自己愛性人格障害の人は

あなたが苦しむことで

少しだけ自分の自尊心を持つことができ、

それをやめることができません。

だからあなたが彼に苦しむ姿を見せてしまうと

彼は余計あなたへの虐待が

やりやすくなります。

だから、

自己愛性人格障害の人がやることに

反応してはいけないのです。

あなたは悔しい思いをすると思いますが、

それは仕方がないです。

それよりもあなたが今後

少しでも苦しまないために

彼がすることに

無関心になる必要があります。

自己愛性人格障害の人は

その自尊心のなさから

生きていることに自信がなくて

その恐怖から逃れるために

虚勢を張っているのです。

自己愛性人格障害の人も必死ですので

絶対に勝つことができないのです。

自己愛性人格障害の人も

幼いころに非常に辛い思いをしていて

その苦しみから必死で逃れるために

共感力をなくしてしまっています。

もし、自己愛性人格障害の人に

共感力があるとすると

今、自分でしていることが

分かってしまうため、

そんなことをしていると気づいてしまいます。

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せ付けていなければ

生きていけないほど自尊心が低い病気なのに

自分がそんなひどいことをしていると

自覚してしまうと

ショックで立ち直れないほどの

恐怖を味わいます。

今、自己愛性人格障害の人が

あんなにもひどいことができるのは

自覚がないからできるのです。

自己愛性人格障害の人は

頭のどこかで

自分が何をしているか分かっていて

たまに思い出すことがあります。

でも、ふだんは自分は

そんなことをしていないと、

自分のしているひどいことを

打ち消していないと

ショックで立ち直れないのです。

そのために

自分でも無意識のうちに

記憶を消してしまっているようで

自分でもいいように記憶を書き換えています。

だから自分は本当に立派な人間なんだと

思い込んでいるのです。

だからあなたが一生懸命

何かを伝えようとしても

自分がひどいことをしていないと

思い込んでいる脳のまま

あなたの話を聞きますので

あなたが悪いと思い込みます。

だから自己愛性人格障害の人には

何を言っても無駄なのです。

できることはわかってもらうことではなく

逃げることです。

そうでなければ

あなたはどんどん悪者になってしまいます。

だから、一番穏やかに

自己愛性人格障害の人との出来事を

終わらせるには、

言い訳をすることでも

分かってもらうことでもありません。

ただ、逃げるしかないのです。

あなたの話を分かってくれそうな

本当に信頼できそうな人にだけ

真実を告げて後はおとなしく引き下がり、

自己愛性人格障害の人のいないところで

新しい世界を作っていけば、いいのです。

そして次の世界では

もう2度と

自己愛性人格障害の

被害に遭わないでください。

いつまでもその変えられるはずのない世界から

逃げなければ

あなたに幸せは訪れないでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする