自己愛性人格障害の人はターゲットの幸せが怖いことについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ターゲットの幸せが怖いことについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は

あなたの喜ぶ顔や、あなたの成功を見ると

自分がつぶされてしまうような気になり

そのことに異常な恐怖心を抱きます。

その恐怖心から

人を全力でつぶしてしまうのです。

自己愛性人格障害の人は

他人が輝くことをものすごく恐れています。

自己愛性人格障害とは

その原因が、幼いころの育ち方によって

ものすごく自尊心が低いことから

自分に価値がないと思い込んでいます。

親に厳しくしつけられたり、

わけがあって

両親の愛情に包まれることなく育ち

自分に自信がないため

幼い彼は、人から見捨てられることに

ものすごく極端な

恐れを抱えています。

子供のころ、まだ大人には勝てるわけがないほど

小さくて弱い自分に、

大きな大人が心無い言葉をぶつけたり、

または、彼のことを見てあげる余裕がないほど

良心の仲が悪く、いつ捨てられるかヒヤヒヤしていた

とか、またはその逆で甘やかされて育ち、

どんなに悪いことをしても怒られない環境で育った、

とも言われていますが

その原因ははっきりとしていません。

とにかく、自分が他の誰かから

愛情を向けられて育ち、

人と気持ちを分け合いながら

共感力を育てる機会を

与えられなかったと思われます。

そんな環境の中、

自分の価値がないことを必死に隠すため

それを必死で隠して

尊大な自分を見せつけ、自分には価値があると

周りの人間に思わせながら生きていかないと

不安で普通に過ごすことができないのです。

ふだんは尊大な自分を

見せ付けることによって

周りの人から価値のある人間だと

思われていることに

満足しています。

でも、ひとたび、

価値のない人間だとばれてしまうと

自分周りから人が

離れていってしまうことに

ひどく怯えていますので

自分より目立つ人を見ると

その恐怖のあまり、つぶしておかないと

極限の不安が胸を締め付けます。

そのために無意識に

どうしてもつぶしてしまうのです。

そして自分のほうが価値があると

周りの人に思われるように

無意識のうちに演技をしてしまっています。

それを周りの人が見て

自己愛性人格障害の人を

素敵な立派な人だと思い込むのです。

そうやって何とか自分の気持ちを

保って生きている自己愛性人格障害の人は

それはとても辛い思いをして生きています。

誰も彼に何もしないのに

本当は誰も信じられないのです。

だから自己愛性人格障害の人の前で

活躍するところを見せてしまったり、

得意なことを見せてしまったり、

親友社員で周りの人が、

あなたに興味を持ったりすると

あなたにその気がなくても

彼は自分がつぶされると思い込んでしまい

極端な恐怖心を持ってしまうのです。

それが自己愛性人格障害の人が

周りの人をつぶしてしまう原因であり

あなたが何にも思っていなくても

おそろしいくらいの勢いで

襲い掛かってくるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする