自己愛性人格障害のひとは常に演技をしているのか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

常に演技をしているのか、

ということについて

お話したいと思います。

 

あなたは

自分の彼が

自己愛性人格障害だと気づいて

いままであなたにしてくれたことが

すべて、

演技だったのではないかと

ショックを受けませんでしたか?

 

tiaraは、元彼がいままでしてくれた

tiaraやtiaraの家族への

してくれたことがすべて

自分をよく見せるための演技だったのではないかと

ショックを受けました。

 

 

あなたは

あなたの彼があなたのためにしてくれた

いろいろなことに感動し、

彼について行く決心をしたのではありませんか?

 

自己愛性人格障害の相談を受けていますと

ほとんどの方が

彼から愛されていると思っていたから

辛いことにも耐えてきて

少しおかしい、と思っても

話し合えば、いつか分かってくれる

と思って頑張ってきた人がほとんどです。

 

ですが、彼は本当にあなたを

愛していたのでしょうか?

 

それは、本人も分かっていません。

 

あなたを最高に愛している、とふるまうのも

自己愛性人格障害のひとが考える

尊大な自分なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その育った環境により、

共感力を使いません。

 

共感力を使っていたら、あなたにひどいことをすると

罪悪感からできなくなってしまうのです。

 

それではあまりに辛すぎるので

自分の意思で

だんだんと共感力を使わなくなっていったのです。

 

 

ターゲットにひどいことができない、

となると自己愛性人格障害の人の

おなかの中の怒りを

ぶつけてすっきりすることができません。

 

 

自己愛性人格障害の人は

おなかの中に、もともとパンパンに膨らんだ

怒りを持っていますので

常に怒り狂っています。

 

でも、意味もなく怒りを爆発させてしまったら

世間の人から見ておかしい、

ということを自覚していますので、

彼が怒る正当な理由を探しているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

演技をしている自覚がありません。

 

尊大な自分をふるまうことに必死なので

演技をしている、という概念がないのです。

 

 

ただその場で一番素敵に見えるように

ふるまっているので

それが演技となってしまうのですが

それを小さいころから常にしているので

そんな自分が本当の自分だと思い込んでいるのです。

 

あなたを愛するときも

全身全霊、自分のすべてをかけて

あなたを愛しているように

ふるまってしまうので

本当に素敵です。

 

ですが、本人も無意識のうちに

素晴らしい愛を演じていますので

嘘をついている、とか

演技をしている、という自覚がないのです。

 

 

そのため嘘をついているようには

とても見えません。

 

ですから自己愛性人格障害のひとは

自覚なく嘘をつくことを常にしているのです。

 

そして怒る事も

普通のひとでも機嫌の悪い時はありますし、

普通のカップルでも

何度もケンカばかりしているカップルは

いくらでもいます。

 

だからあなたが嫌な気持ちや、

彼のことを本当に思っている気持ちを

分かってもらえたら

きっとうまくいくと思ってしまうのも

当然と言えるでしょう。

 

 

しかし、自己愛性人格障害のひとは

あなたが寄り添えば寄り添うほど

彼に合わせれば合わせるほど

あなたには

ひどいことをしてもいい、と思ってしまいます。

 

それが、自己愛性人格障害のひとの考える

信頼関係なのです。

 

だからお友達に彼のことを相談しても

あなたが彼に寄り添っていないと

思われてしまうでしょう。

 

 

そしてもっと彼の気持ちを考えるようにとか

あなたのわがままを言わず

彼の気持ちを考えるよう

アドバイスをするのが普通だと思うのですが、

そんなことをしたら

あなたはどんどん追い詰められていきます。

 

だから自己愛性人格障害のことを

知らない人に相談してもダメなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

普通の人とすべて反対のことをします。

 

あなたが彼に寄り添えば寄り添うほど

ひどいことをしていくのです。

 

あなたが彼のことを考えれば考えるほど

ひどいことをされると

あなたは自分の努力がまだ足りない、

と思ってしまい、

彼に自分の気持ちを言わなくなり

彼にどんどん合わせて逆らわなくなるのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

普通の人とすべてが真逆なので

そんなことをしたらどんどんあなたを厳しく叱咤し、

ののしり、最後には人間として扱わなくなります。

 

脅威損傷の人は

自分が相手に寄り添うことによって

相手に認めてもらおうとするため

彼にどんどん虐げられていきます。

 

そしてしいたげられたあなたは

彼に認めてもらうためにどんどん彼に寄り添い

どんどんひどい扱いを受けるようになるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の中の自尊心の低さを

安心して虐待できる人にぶつけていきます。

 

 

そしてあなたが逆らわないのを見て

生きている価値がないのは

自分ではなく、あなたなんだと思い込むことによって

安心するのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとには

ターゲットが必要なのです。

 

ターゲットが

彼の言うことに逆らわず、

黙ってつぶされていくことによって

高揚し、少しだけ穏やかな気持ちになれるので

やっと普通に過ごすことができるのです。

 

もし、自己愛性人格障害の彼に

安心して自分の怒りをぶつけたり、

称賛してもらったり、

虐待するターゲットがいないと

ほかの人にもイライラして

感情をぶつけるようになっていきます。

 

 

だから、ターゲットがいないと

自己愛性人格障害のひとの存在が

ばれやすくなるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の正体がばれることを恐れていますので

必死に隠しています。

 

隠していると無理をすることになるので

落ち着いていられなくなるのです。

 

そのために彼にはあなたが必要です。

 

 

そしてあなたが彼に言うなりに

虐待をされても

自分にはそれほど人をイラつかせ

生きている価値がないと思い込んで

どんどんつぶれていくと

自己愛性人格障害のひとの正体が

分かりにくくなってしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとのそばに

ターゲットがいてはいけません。

 

ターゲットがいると

自己愛性人格障害のひとは

どんどんターゲットの存在を壊していき

そのことに満足して

気分良くいられるので

周りの人に普通に接することができてしまうのです。

 

あなたがターゲットになっている場合、

彼のそばから

できるだけ早く逃げなければなりません。

 

そのためにも

自己愛性人格障害について

よく理解することで

そばにいてはいけないことに

納得できて離れやすい心情になっていくのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください