自己愛性人格障害の彼からひどいことばかりされてきたわけじゃない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼から

ひどいことばかりされて生きたわけじゃないことに

あらためて、ふれてみたいと思います。

彼が、自己愛性人格障害だと気付き、

彼といるのが怖くなった人も大勢いるでしょう。

でも、彼は、そんなことをするつもりで

あなたに近づいたわけではありません。

一緒にいると、どんどん精神的虐待を

無意識に強めていってしまうので

一緒にいることは大変危険ですが、

対処法さえ知っておけば

自己愛性人格障害は、お人形のように決まった動きをしますので、

彼から離れるしばらくの間は何とかこれで

切り抜けていってください。

そもそも彼は、なぜあなたを選んだのでしょうか?

自己愛性人格障害の人は、

共依存症の人を見つけるのが非常にうまいと言われています。

あなたは、彼を見て称賛したりしていませんでしたか?

あなたは、温かい雰囲気を持った優しい人では

ありませんか?

彼から冷たい態度をとられたときに

自分が悪いと思い、小さくなって怯えていませんでしたか?

あなたは相手を重視して

すべての責任を自分が負いすぎています。

自己愛性人格障害の人は、

冷たい雰囲気の人が苦手だと言われています。

普段は、自己愛性人格障害の彼の前では

できるだけ、無表情で冷たい雰囲気を持つように

心がけてください。

そして彼が何か素晴らしい結果を出したときは

素直に称賛してあげてください。

彼はすっかり機嫌をよくすると思います。

ただ、長引かせないように気を付けてください。

ずっと彼に対して、尊敬のまなざしを向けていると

あなたを奴隷扱いしだします。

コツは、称賛している期間は

できるだけ短くして

その場をすぐに立ち去ってください。

敵だと認識されると彼はものすごい攻撃を

仕掛けてきます。

批判は絶対にしないでください。

そういった対処を続けながら、

心の中で、徐々に彼からこころを離していってください。

彼は自己愛性人格障害なんだ、と自分を納得させていってくださいね。

それは仕方のないことなんです。

できるだけ、あなたを彼の攻撃から守るためには、

彼から離れる必要性があります。

近くにいて、彼のことを気にしないなんて

絶対に無理です。

彼があなたが気になるようにいろんな手を使ってきます。

それでもできるだけ心を離していくようにしてください。

でも彼に嫌なことばかりされたわけでは

なかったですよね?

それまでに素晴らしい思いをさせてもらったから

あなたは彼を信じたんだと思います。

Tiaraもそうでした。

それはドラマのワンシーンを見るように

彼のモラハラな攻撃とは切り離したところで考え、

その思い出には偽りはないのです。

彼との素敵な思い出と自己愛性人格障害の問題は

切り離して考え、

すてきな思い出はそのまま取っておいて

彼は自己愛性人格障害なので、ずっと一緒にいることは

できないんだと自分に納得させていってくださいね。

そうすれば、だんだんに彼のことは恨まずにすみ、

そして彼から離れる勇気がだんだんと

芽生えていくのです。

彼から手をそっと離し、

今までの思い出をありがとうと、

あなたが幸せになるために

彼とのお別れを決意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara みか より:

    こんにちは。自分がされたことばかりを書いて相手を批判するブログが多い中、tiaraさんは、愛情込めて書いてあって、被害者ぶらず、すごく共感できます。おかげで、もう離れてしまった彼のことも冷静に見れています。恋しくなる気持ちもありますが、離れて応援することが、一番彼にとって愛を伝えられるのではないかと思ってます。彼は責められたり、奪おうとされたりに敏感なので、一緒にいると、どうしても、○○してほしい、と思ってしまい、それを彼が敏感に感じとって拒否される気がします。テンションを上げずに常に冷静に相手を尊重することが大事だと思います。tiaraさんのブログはいつも救われます。お忙しいと思いますが、伝えたくてコメントさせてもらいました。

    • Tiara Tiara より:

      みか様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      自己愛性人格障害とは、一番近くにいて、彼のことを一番大切にしてくれる人を潰してしまう悲しい病気です。

      Tiaraも彼の言動がおかしいと思い、何度も何度も傷つけられてきましたが、それが病気のせいだと分かり
      当時は恐ろしくもありましたが、自己愛性人格障害を深く知るとこれも仕方がなかったことなのかなあと
      おもい、遠くから彼のことを応援できます。
      もう二度と話はできなくなってしまいましたが、遠くから彼の幸せを願う気持ちがあってもいいですよね。

      被害者の辛さと誰にもわかってもらえない悔しさはTiaraにもよくわかりますので、
      どうか今、傷ついている被害者の方たちが、少しでも楽になるようにとこのサイトを立ち上げました。
      Tiaraの時も、だれか自己愛性人格障害について教えてくれる人がいたら、もっと早く離れられたのかもしれないです。

      被害者の方が、少しでもこのサイトにたどり着き、自分は悪くなかったんだ、嫌われたわけじゃなかったんだと少しでも楽になってくれたらいいと思います。

      それと同時に、自己愛性人格障害の人のことをできるだけたくさんの人たちが知って、この世から自己愛性人格障害がなくなればいいと思います。

      みかさんもたくさん傷ついたと思いますが、少しでも納得されてよかったと思います。
      彼も気づいてくれて少しでも、幸せに生きられるといいですね。

      またいつでもコメントくださいね。
      お待ちしています。