自己愛性人格障害のひとからコントロールされないようにするためには?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

コントロールされないようにするためには?

ということについて

お話しします。

恋をすると盲目になる、

とよく言いますが

相手のいいところしか見えなくなり

少しくらい嫌なことがあったとしても

すぐに流してしまいます。

恋愛サイトや本などに書かれている

恋人とうまくいくための方法として

「相手のいいところを見るようにしましょう」

だとか

「自分にも悪いところは必ずあるので

相手の悪いところも

分かってあげられるようにすると

お付き合いが長続きします」

などど書かれていることが多いのですが、

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいタイプのひとは

もともと相手の悪いところに関しては

寛大な人が多いです。

むしろ、この寛大なところが

極端すぎて

自分がとても辛い目に遭ったり

とてもひどい目にあわされてしまうとしても

我慢してしまうのです。

こういった被害に遭いやすいタイプの人が

普通の恋愛本などの言うとおりにしてしまうと

いい恋愛はできないので

自分がその恋愛サイトに当てはまるタイプの

人間かどうかを考えてから

実行するといいと思います。

ああいった恋愛サイトや本などは

誰にでも当てはまるものではないのです。

もともと

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

嫌と言えないことが多く

幼いころから

自分でも知らないうちに

モラハラのターゲットにされていることが

多いです。

だからあなたが知らない間に

自分が全く身に覚えのないようなことで

評判を

落とされている可能性があります。

そしてそれを自分のせいだと

まじめに考えすぎてしまうため

あなたのいいところを利用して

あなたをおとしめて

自分がいい思いをしている人に

気付けないでいます。

そして自己愛性人格障害のひとの特徴として

周りの人を自分の思い通りに

コントロールすることができる力により

あなたが悪く思われていることが多く

そのような経験を何度も積むうちに

あなた自身の自分に対しての自信がなくなってしまい

なんでも自分が悪いと考える悪い癖がついています。

その癖がついているために

さらに利用しやすくなっているあなたは

自己愛性人格障害のひとの都合に

めちゃめちゃ合ってしまっているので

結果、自己愛性人格障害のひとから

狙われやすい性格になってしまっているのです。

あなたに足りないものは

なんでもうのみにしてしまい

よく考えずに

あなたが悪いと反省してしまうことにあるのですが

自分が何もしていないことに気付けない人は

そもそも相手を疑う能力に欠けているのです。

人間はあなたが信じた人間だけではなく

そういう素直な人間を利用する

ずるがしこい人間がいることも

良く理解したうえで

あなたが本当に悪いのかを

見つめなおす必要があります。

それができなければ

あなたは何度も何度も

自己愛性人格障害のひとに

狙われるようになって

何をしても努力が報われず

どんどん落ちぶれていくのです。

そして、自己愛性人格障害のひとは

あなたを潰すことによって

自尊心をどんどんあげていきますので

あなたを悪者にすることによって

自己愛性人格障害のひとが

他人を潰すことによって

そのポジションが空き

自己愛性人格障害のひとが

生きやすくなってしまうのです。

あなたはあなたを大切に扱ってくれない人のために

潰される必要はありません。

彼に少しでも自己愛性人格障害の

疑いが見えたときは

あなたは自分の身と心を守るために

彼からできるだけ自然に離れることを

お勧めします。

どうしても

すぐに離れることができない場合は

あなたが無関心になることにより

自己愛性人格障害のひとからの攻撃を受けないようにし

また自分の攻撃が通用しない人には

自分のしていることがばれてしまわないか

不安になるので

自己愛性人格障害のひとのターゲットから少しづつ

外れていき、やがては

自己愛性人格障害のひとから

あなたには

何もしたくなくなるということを目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする