自己愛性人格障害の人からの威嚇についてどう対処すればいいのか

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人からの

威嚇について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は

あなたが

自分を頼ってきたり、

あなたが1人では何もできない

といった素振りを見せると

自分を頼るように言ってきたり

そんなこともできないのかといって

笑いものにしたりします。

そこであなたが

自己愛性人格障害の人を

頼ってしまうと

あなたを

どんどんターゲット化していきます。

自己愛性人格障害の人から

ターゲットだと

思われないためには

あなたはどんな行動を

とればよいのでしょうか。

よくやってしまう失敗が

自己愛性人格障害の人の

威嚇が怖いから

言うことを聞いてしまう

というものがあります。

これは素直に

「あなたの言うことを聞くから

嫌わないでね」、とか

「あなたの言うことを聞いたから

怒らないでね」と

普通の人に対していだく感情なのですが

自己愛性人格障害の人は

まったく間逆です。

あなたが、自己愛性人格障害の人の

言うことを聞けば聞くほど、

彼はあなたをターゲットだと

思ってしまうのです。

だって、言うことをきかせるのは

自己愛性人格障害の人の

希みどおりだからです。

あなたに嫌がるようなことを言ったり

あなたをしかりつけて

あなたが直したり、

急いで動いたりすれば

もっと動いてほしいときは

もっと勢いを強めれば

あなたはもっと言うことを聞く、

と考えるのが、

自己愛性人格障害なのです。

つまり、あなたに嫌がらせを

すればするほど

思い通りになるのだとしたら

自己愛性人格障害の人はもっと

勢いを強めてくるのです。

彼の言うなりになればなるほど

勢いを強めてこられたら

怖いと思いませんか?

それが

自己愛性人格障害なのです。

もし彼が、

自己愛性人格障害でないなら

怒るときもあるでしょうが、

あなたが言うことを聞いたり

直してくれるようになると

喜んでくれて、

だんだんあなたのことを

理解してくれるようになります。

そして彼も

あなたの嫌がることは

だんだんとしなくなると思います。

あなたが嫌がることをいつまでもやったり、

ましてや勢いを強めるなんていうことは

人間のすることでは

ありません。

勢いが強まったり、

さらに叱咤が厳しくなったり

細かいことでも

あなたの揚げ足を取るようになり

あなたを

認めようとしなくなっていった場合は

いくら好きだと口で言っても

そこに愛情はないです。

自分の思い通りに動いてくれて

怒られても彼から離れず

何をしても文句を言わないあなたに

自己愛性人格障害の彼は

怒りをぶつけにくるのです。

そして充分にすっきりしたあとに

「あなたのためだから言ったんだよ。」

といわれてしまったら

あなたの彼は

自己愛性人格障害だと見て

まず間違いないでしょう。

そして自己愛性人格障害の人は

普通の人と反応が反対ですので

自己愛性人格障害の人が

怒りをぶつけてきたら

あなたはその怒りを受け止めることを

そっとやめてください。

その場をすみやかに立ち去るか、

あなたに話しかけている場合は、

真剣に話をきかないでください。

話を聞けば、

あなたが悪者にされるか、

あなたがだめな人間だと

脳にたたきつけられ

あなたは自尊心をさらに失くしていき

ぼろぼろにされるでしょう。

かといって怒ったり、

強気な態度に出てみたり、

正しいことを言って正論を振りまくと

自己愛性人格障害の人は

納得するどころか

あなたに脅威を感じてしまいます。

自尊心が低すぎるために素直にとれず

あなたからの攻撃から

全力で身を守らなければいけないと

全力であなたをつぶしにかかります。

自己愛性人格障害の人と

対応するときは

あなたにそんな気がなくても

勝手に脅威に感じられることを

避けながら

彼の言うなりになっては

いけないのです。

個別に具体的に聞きたい人は

Tiara恋愛相談室まで

お越しください。

http://rennaisoudannsitu

なお、現在、Tiaraコミュニティでの

7月29日(日)お茶会&交流会の

参加者を募集しております。

定員が後わずかとなっておりますので

ご希望の方は

なるべく早めにお申込ください。

お茶会&交流会 申込ページ

https://tiarateatime

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする