自己愛性人格障害の人から絶大な信頼関係を得ている人

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

本当の自分について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

幼いころにその育ち方によって

自尊心が恐ろしいほど無く、

見た目では全く分かりませんが、

自分に全く自信がなく存在価値がない

と思っていることによる病的なまでの恐怖心からきています。

その恐怖心から、

何とか自分に存在価値がある、と思い込まないと

生きていけないほど辛いので

極端なまでに自分を尊大に見えるように

努力を積み重ねます。

そのことによって、

本当に有能な人間になる人も多いのですが、

本人にとっては非常に辛い状態です。

でも周りから見ると

憧れられることも多く、

尊敬されているケースも多くあります。

でも、

はた目に見るとそんな風に見えないのですが、

本人は非常に異常なほどのストレスを抱えていますので

心の中は不満だらけです。

そして、それを見せることも

恐ろしいほど恥ずかしいと思っているので

世間的にはとても堂々としていて

自信に満ち溢れて見えるでしょう。

しかし、自分の中の抱えきれないほどの不満を

ぶつけても逃げていかない絶大な信用を得ている人にぶつけます。

それが、自己愛性人格障害の人に

憧れている人だったり、恋人だったり

奥さんだったりします。

逃げていかない仕事関係の後輩、

ということもあるでしょう。

とにかく自分がストレスをぶつけても逃げていかない

黙っていてくれる、周りにばれないような人に

ぶつけます。

それが、あなたなのです。

でも、いくら彼のことが大好きなあなたでも

露骨にひどいことをされれば、

彼から離れていきますよね?

だから、あなたにも分からないように

小さなことを常にぶつけて

そのあと優しくしたりしてごまかしたり、

時にどうして我慢ができず、

あなたにとてもひどいことを言ってしまったりしたときには

必死で謝ってきたり、

涙を見せたりして、あなたが自分から離れていかないように

必死になります。

それは、あなたがそんなに簡単に

自分から離れていかないと

絶大な信用を得ているからなのです。

あなたが嫌いでひどいことをしているのでは

ありません。

あなたが自己愛性人格障害の人から

絶大な信頼関係を得ているから

あなたに怒りをぶつけるのです。

そして、あなたが彼に優しくすればするほど

彼は、安心して

あなたに怒りをぶつけるようになるでしょう。

自己愛性人格障害とは、

普通の人と感覚が

まったく真逆なのです。

そのことに気づかない人は、

自己愛性人格障害の人に

分かってもらおうと

必死になって話をしたり、

彼の気持ちを分かってあげようとしたり、

彼に寄り添ってあげようとしたり

癒してあげようとしたりするでしょう。

でも、彼は、

あなたに安心すればするほど

嫌がらせを強めてきます。

そして自分の中の怒りを

外部の人には怖くてぶつけられませんが、

信頼できるあなたなら

安心してぶつけられるようになるのです。

だから、自己愛性人格障害の人から

信用を得てはいけません。

自己愛性人格障害の人からは

思うようにならない、と思われるほうが

あなたは安心して生きていけるのです。

自己愛性人格障害の人とは

真の恋愛関係は、結ぶことができない、

と覚えておいたほうがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara 須永浩子 より:

    ごめんなさい。さきほどのコメントですが、
    なるべく表にでないようにしていただけると助かります。

  2. Tiara 須永浩子 より:

    Tiaraさん、このところ毎日あなたの書いたものを読んでいます。
    じわじわ沸いてくる感謝を一言、どうしても言いたくてコメント送ります。

    まずは大変なご経験を書いてくださったことに感謝!
    そして、本当に分かりやすく解説してくださったことに感謝!

    私は現在53歳で、母と弟が自己愛性人格障害(&共依存)です。
    長女の私は、結婚した今も巻き込まれていますが(笑)、サイコパスや
    自己愛性人格障害者の彼らとは今は距離を置いて付きあえています。

    とはいえ、弟が母の年金3000万円を持って逃げてしまったため、
    私が母の介護費や通院費をなんとかしないといけなくなりまして、
    現在京都で単身赴任をしています。大学の先生をしています。

    今年赴任1年目ということもあるのですが、よくわからないまま
    卒業制作を担当することになり、担当した女子学生6人のグループ
    にアカハラで訴えられ、まったく身に覚えがないので一時期、
    教授職も危なくなりました。教務主任とその女子学生たちの首謀者
    が今考えると、自己愛でした。

    女子学生たちはあと2ヵ月で卒業なのですが、その教務主任の教授
    に対処する方法を考えていたところ、Tiaraさんのサイトに出会い
    ました。

    家族が自己愛だったこと、大学院では心理学専攻で理論は理解して
    いたこと、40年かけて家族問題を解決したこと(現在、弟の問題に
    関しては弁護士が担当してくれています)、この3点で安心して
    いましたが、50年タゲられていた私には、まだまだ気をつけないと
    いけないことが多かったのだなあと気づきました。

    心から感謝してます。ありがとうございました。

    • Tiara Tiara より:

      須永様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      Tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      自己愛性人格障害の人の被害者は、自分の書いた文章が、相手に読まれて自分が送った事を恐れる人が多いです。
      大丈夫ですよ。人目につくようなところに載せたりはしません。

      Tiaraも大好きな彼のことを書くのでできるだけ悪口は書きたくないです。
      でも、内容を分かりやすくお伝えするためには悪口っぽくなってしまうこともあります。
      でも、悪口ではなく自己愛性人格障害の人が本当にしていることなのです。
      この内容を書かないと、もしくは同じような体験をした人の話を聞かないと、自己愛性人格障害の問題に気づかない人も非常に多いと思います。

      だから自己愛性人格障害の問題はとても分かりにくいのですが、人が聞いたら悪口に聞こえてしまうほど、本当にひどいことをしているのです。

      須永様はご家族が自己愛性人格障害だということで、たぶん生まれたときから辛い思いをしながら育ってきたのだと思います。
      身近にそういう人がいたから余計にそれが当たり前だと思ってしまい、気づきにくいのでしょう。

      Tiaraも母親を少し疑っていますが、いつもTiaraをけなしています。
      でもそれは子供のころからそうだったので、デリカシーのない人だなくらいにしか思っていませんでした。
      Tiaraの母親は生活能力がありませんので人に頼って生きています。
      相手にしてくれるのも、Tiaraと父くらいしかいません。
      だから父にはべったりでTiaraをいつもこき下ろしています。
      でももし、父が死んでしまったら1人になってしまうので、最近ではたまにご機嫌を取ってきます。
      でも、Tiaraは自己愛性人格障害という病気を知ったので、母にそう伝えてあります。
      そしてTiaraが今までいろんな出来事に巻き込まれたのはお母さんのせいだからお母さんがそばにいると精神的にあまりよくないからあんまり来ないでね。と
      頼んであります。それでもさみしいのか1,2か月に1回くらい来ますが、Tiaraをディスり始めるとTiaraが部屋にこもってあまり母を相手にしなくないので
      嫌われたくないのか、そそくさと帰っていき1時間もうちにはいませんねw
      でも自分を守るのも大事なので、自己愛性人格障害の人にはTiaraも今はあえて厳しくしています。

      普通に会話ができているときはいいのですが、少しでも誰かの悪口を言い出したりTiaraをディスり始めると徹底して相手にしないようにしています。

      ただ、うちは弟は全く相手にしていませんが、いちお親なので父が死んだら、Tiaraのそばで(いっしょには絶対に住まない、と公言してあります。)
      たまにのぞきに行くくらいの付き合いにしようかなと考えています。

      自己愛性人格障害のそばにはいられませんので。
      須永さんもご自分のことを考えて少し話したほうがいいと思います。
      親族でも、あまり密にかかわってはいけません。

      大学でアカハラにあったということですが、彼女たちには何を話しても話が通じないと思います。
      だからもう何を言っても無関心を貫いてくださいね。
      話の伝わる相手ではないのです。

      教務主任の方も同様です。
      できるだけ話はしないようにしてください。

      そしてあまり教務主任とかかわりのない人たちと交流し、須永さんの世界をどんどん広げていってくださいね。
      できるだけ早めに仲のいい人を作っておいたほうがいいです。

      そしてその教務主任とはできるだけ距離をとり、何を言われても心で無視して聞かないようにしてくださいね。
      その人も病気なので話は通じないのですから。