自己愛性人格障害のひとの恐ろしい症状

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

恐ろしい症状について

お話ししたいと思います。

あなたが彼と付き合っていて

怖いと思うことがあると

思うのですが、

自己愛性人格障害の症状で、

本当に怖いのが

どんなことでも限度がないことです。

あなたをとことんまで

追い込んでも

勢いを止めないことです。

普通の人でも嫌な人はいますが

自己愛性人格障害でない限り

共感力がありますので、

意地悪をしたり、

嫌がらせをしていても

あなたが追い込まれているところを

見ると

ちょっとやりすぎちゃったかな?とか

これ以上やるとかわいそうかな

と思うタイミングがあります

しかし、自己愛性人格障害のひとは

共感力がありませんので

あなたがどんなに苦しもうと

勢いをゆるめません。

そしてあなたに

どんどん勢いを強めていくことに

高揚して、

どんどん追いつめていって

しまうのです。

それが本当に恐ろしくなるのです。

どんなに大好きな彼でも

今まで感じたことのないような

恐怖を感じるまでになり

怖くなり逃げ出したくなるくらい

恐ろしいのです。

そして彼には本当に

罪悪感もないのです。

ふだんうまくいっているときは

優しいことを言ってくれたり

情に熱いことも言ってくれて

本当に温かい心を持った人のように

感じると思います。

だから、彼のことが

好きになったんですよね?

でも、だんだんにあなたが

彼から離れていかないと

彼が確信するようになってくると

時々心が凍り付くようなことを

言ったり

残酷なことを笑いながら

言ったりします。

ブラックユーモアもあり

ちょっと毒舌で冗談かな?

ととれるときもあるのですが、

一瞬属っとするほどの恐怖を

感じることが

少しづつ増えていきます。

それでもあなたが

強く言えなかったり、

怖くてなんでも言うことを

聞いてしまうようなタイプだと

だんだんと彼はあなたには

何をしても許されると

思っていってしまいます。

その怖さが自己愛性人格障害であり

気づいた時には

すべてを失わないと

逃げられないところまで来て

しまいます。

それでも、その時彼と

共有するもの全てを

失っても彼といることは

お勧めできません。

それほどまでに恐ろしい

病気なのです。

限度が分からないことが

一番怖いのです。

努力も自分を

素晴らしく見せるためには

限度なくするでしょう。

これは、自己愛性人格障害のひとが

魅力的に見える原因にも

なっています。

社会的に地位が高い人が多いのも

限度なくどうしても

努力をやめることができないので

結果的に、

仕事で大成功する自己愛性人格障害のひとも

多いのです。

でも、あなたを完全に

手に入れるまでは

限度なく素敵なところを

見せつけてくれるし、

限度なくあなたを素敵な気分にも

させてくれます。

それによって、あなたは

今までで一番素敵な恋愛を

経験することになります。

そのため、自己愛性人格障害のひとに

夢中になる人も多いです。

でも、それもすべて

自己愛性人格障害のひとが

いいことも悪いことも

すべてのことにおいて限度が分からず

努力をやめられないところに

あるのです。

いいことの時はいいのですが、

あなたを苦しめるときも

虐待の時もお説教の時も

限度がないので、

本当に恐ろしい恐怖を感じます。

手を出していないのに

意識がなくなってしまう人がいるのも

その恐ろしい恐怖のためです。

自己愛性人格障害のひとは

あなたに手を出すことなく

あなたの心臓を

止めることができます。

自己愛性人格障害を

なめていてはいけないのです。

そして自己愛性人格障害のひと本人が

少しでも自分がおかしいと

気付いているときには

彼のために離れてあげたほうが

彼も、自分の症状に

気づくきっかけに

なるかもしれません。

大人になると

そんなに簡単に治ることはないと

言われていますが

本人が治したいと思えば

程度により軽くなることも

あるようです。

その場合も

できるだけ彼の思い通りになる人間は

彼のそばに1人もいないことが

最低条件になります。

自己愛性人格障害は

最悪の場合、事件にもなりえますので

自己愛性人格障害のひと

本人のためにも

症状を最低限に抑えることは

今後、普通に生きていくために

必要なことなのです。

そしてこんなにも怖い

自己愛性人格障害ですが

離れれば、

不思議なことに

驚くほどおとなしくなるのも

この病気の特徴なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする