自己愛性人格障害の人の本当の望み

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

心の闇に自分で気が付いていることについて

お話ししたいと思います。

Tiaraは

自己愛性人格障害の人のことを

恨んでいるわけではありません。

自己愛性人格障害とは

本当に怖い病気です。

いっしょにいる自分にとって大切なパートナーを

知らず知らずのうちに潰してしまうのです。

でも本当は知らず知らずのうちにではありませんよね。

自分でひどいことをしていることになんとなく

気づいています。

でも自尊心を保つために

自分は尊大な人間でなくてはならないので

ひどいことをしているということに

自らふたをしています。

そして気づいていないふりを常にしながら

精神的虐待を強めていくうちに

少しでも自分が満足しようとするのです。

それくらい自己愛性人格障害の人も

極端なほど辛い思いをしてきたのです。

そして誰とも幸せになれない体質に育ってしまったので

かわいそうだと思います。

でもかといって

誰かを潰していい、ということにはなりませんので

同情はできませんが、

心が正常な状態で育たなかったのです。

自己愛性人格障害の人の被害にあうような人は

そんな彼の弱い部分を何とかしてあげたい、と思うような

優しい人が多いです。

でも、彼の望みをかなえてしまい、

自分が自己愛性人格障害の彼に

心を潰されて苦しんでいくのです。

自己愛性人格障害の人もそれにより

あなたを大切に思うことはありません。

あなたの幸せそうな顔も

彼にとっては、耐えられないほどの

自分をつぶす道具に見えます。

その恐怖心から

あなたから幸せをどうしても奪っていってしまうのです。

だから、自己愛性人格障害の人といると

どうしても幸せには、なれないんです。

彼の幸せとは、

誰かを潰すことです。

でも彼自身もまさかそんな事は

思っていません。

でもつぶすとどこかすっきりとして

ああ、よかった、と少しの間だけ思える

本当に厄介な病気なのです。

自分を少しでも楽にしてくれる、

それが自己愛性人格障害の人の愛なのです。

自己愛性人格障害の人の愛とは、

自分のために

どんなにひどいことをされても

許してくれる究極の存在なのです。

でも、あなたも生きていますので

そんな状態がだんだんと辛くなってきます。

最後には自殺したり

精神病になって狂ったようになってしまう人もいるのです。

それも、自己愛性人格障害の人からの虐待の被害ですが、

周りの人から見ると

精神病の人を支える優しい人にしか見えません。

あなたのほうがおかしくされてしまいます。

そんな彼に、

好きだとかきれいごとが言っていられますか?

あなたの望んだ彼との幸せはそんなものではないはずです。

あなたが、幸せになれる、

パートナーと作る未来をあなたは忘れていませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする