ターゲットの印象は自己愛性人格障害の人によってコントロールされている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

被害に遭うようなひとは

知らない間に

他人から見た印象を

自己愛性人格障害の人に

変換されているということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされてしまった人は

そのままの自分だと

見られていません。

 

ターゲットになるタイミングは

さまざまで

たいてい自己愛性人格障害の人に

弱いとばれてしまった場合や、

今まで自己愛性人格障害の人と

うまくやってきていた人でも

失敗をしてしまった時なども

ターゲットになりうる可能性が

あります。

 

別にあなたが失敗をしてしまったから

迷惑をかけて怒らせてしまった、

というわけではなく

あなたの失敗を使って

自己愛性人格障害のひとが

自分の名誉をあげるのです。

 

あなたのせいで

自己愛性人格障害の人が

たいへん苦労した、

という風に見せるのが

本当に好きです。

 

自己愛性人格障害のひとは

そのやり方をよく使います。

迷惑なあなたのせいで

自己愛性人格障害の人が

尻ぬぐいをするはめになった、

という話に変換され

自己愛性人格障害のひとは

同情され、でもいいひとだから

あんなひとの失敗も

何とかしてあげているのね、

と思われて

あなたがその場で

やっていけなくなるように

ふるまわれてしまいます。

 

別にあなたの失敗は

他人に特に

迷惑をかけるようなものでは

なかったりします。

 

今まで自己愛性人格障害の人と

仲良くやっていたひとも、

コントロールによって

一瞬で、なにもしていなくても、

大失敗をした迷惑なやつ、

になってしまいます。

 

 

その尻拭いをしてたいへんだった

自己愛性人格障害の人は

周りの人から見たら

まさにヒーローです。

 

あなたがしたことになっている失敗で

(よくあんな失敗を解決することができたな)と

自己愛性人格障害の人は

周りの人から

尊敬や同情のまなざしで

見られるようになります。

 

そのために

迷惑をかけるひとが必要なのです。

 

あなたはとんでもなく迷惑なやつ、

と何もしていなくても

見られるようになり、

あなたの印象を

コントロールされてしまうのです。

 

それは、べつに、

自己愛性人格障害のひとが

あなたを嫌いだから

やっているわけではなく、

彼自身がみんなに尊敬されるために

あなたの失敗が必要なのです。

 

それくらい

毎回毎回、

自分を上げて見せていなければ

落ち着いていられない心情なのです。

 

あなたは、

自己愛性人格障害のひとの

自尊心をあげるために

尊大に見せつけるための

材料となります。

 

みなさんこの事実に

気づいていないのです。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の存在に

気づいているので、

自己愛性人格障害のひとが

どんな場面でも

自分を常に必死で見せつけているのが

分かります。

 

電話をしていても

だれかが失敗していたけれど、

あんなものはルールを守って

きちんとやっていれば

起こらない失敗だ、

とか、僕はそんなことしないけど

やっている人間がいるから

事故が起こるんだ、など

常に言っています。

 

たしかに言っていることは正しいし、

なにも間違ってはいません。

 

だから、自己愛性人格障害という

病気を知らないひとが見ても

自己愛性人格障害のひとは

なんらおかしいところがないのです。

 

だから気づきにくいのですが、

分かると、

ターゲットには徹底的にやっています。

 

外部のひとで、

自己愛性人格障害のひとの

尊大な自分を魅せられているだけのひとからは

知的で素敵なひとに見えるでしょう。

 

恋人にもはじめのうちは

この部分だけを見せるので

本当に魅力的に映ります。

 

ですが、だんだんと付き合いが深くなってくると

その素敵な彼に逆らうことはありませんから

ずっとしたがっているうちに

ターゲットになってしまう確率は

高くなるのです。

 

 

自己愛性人格障害の人は

このように

どうしようもないやつの面倒を見る

めちゃめちゃいい人

という風にふるまうのが

好きなのです。

 

そのためには同僚でも恋人でも

地位・価値を低く思われるように

ふるまうのが得意です。

 

悪気があるわけではなく

自尊心をあげるために

どうしてもしてしまうのです。

 

そしてこれをやり続けることによって

あなたは

どんどん見下されていきます。

 

本当の実力は見られないように

ディすられて、

本当のあなたよりも

価値がないよう人から見た印象を

コントロールされているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

尊大な自分を魅せつけるために

そういう立場のひとがいると

自己愛性人格障害のひとにとって

非常に便利です。

 

便利なひとはそばに置いておいた方がいいので

恋人や、奥様、または

毎日そばにいる仕事関係のひとが、

どうしてもなりやすいのです。

 

何もしていないのに

私の育ちが悪いから

何か悪い風におもわれてしまう、と

自尊心を傷つけられ

悩んでしまう人がいますが

そうではありません。

 

周りで見ているひとも

ターゲットに

そう思われる原因があるから

そうやって扱われると

思っているひとも多いですが、

そうではありません。

 

本当によく見ていないと

分かりませんが、

あなたがした失敗は

「あ、違うよ、こっちだよ。」

「あ、ありがとう。」

といってしまえば

それくらいですんでしまうようなことを

わざわざ自分の中の怒りをぶつけても

正当化できるためにした

こじつけにすぎないのです。

 

そして、

そうやって駄目なひとだと

印象づけられたターゲットは

周りの人からまでも

本当にダメ人間のように

扱われていくのです。

 

だからそうなってしまってからでは

あなたの話は

なかなか聞いてもらえません。

 

ただの言い訳にしか

聞こえなくなってしまうのです。

 

そしてあなた自身も

自己愛性人格障害のことを知らなければ

自分はなんてダメな人間なんだと

どんどん自信を無くしてしまうことでしょう。

 

ですが、もし、

あなたの周りに

自己愛性人格障害のひとがいなくて

普通に仕事ができる状況ならば

あなたはもっと自分の才能を生かし

のびのびと

生きることができるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください