自己愛性人格障害の彼の自尊心

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人の

自尊心がほとんどないことについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

なぜあんなにも嫌なことばかりを

繰り返しているのでしょう。

被害にあわれた方も

ショックが大きく

なぜ自分があんなことをされたのかと

いつまでも思い返しては

悩んでしまっています。

でもそれは、あなたが悪いわけではないのです。

被害者の人の主に共依存症と呼ばれる

症状のために

すべての責任が自分にあると思い込んでしまい

身に覚えのないことまで

とことんまでに自分にある原因を

探してしまうからなのです。

本当は、

自己愛性人格障害の人の

自尊心があまりにも低く

それに耐えられないために

あなたのその強すぎる責任感に

罪悪感を植え付けて反省させ、

自分のほうが正しいと思い込んで

安心するためにしているのです。

あなたの責任感が強すぎるために

そのうえつけられた罪悪感を

その2人ともが協力して

あなたのせいにしてしまうので

あなたが辛い思いをするのです。

あなたが辛い思いをしているのは

あなた自身が自分が悪いわけではないと

気づいていないからです。

彼だけでなく

あなたまで自分が悪いと思い込んでいるのです。

自己愛性人格障害の彼は

あなたを悪者にして

その面倒を自己愛性人格障害の人が

見ていることによって

迷惑をかけられ、

あなたのせいで大変な思いをしている、

と思い込んでいます。

それによって

周りの人も

彼に同情し、そして彼を立派な人物だとみることによって

彼は自己愛性人格障害の辛さから

少しだけ楽になれているのです。

そのくらい人を潰し続けていないと

生きていられないくらい

自尊心をほとんど持っていないのです。

そして本当は自分には価値がないと

心の奥底で思い込んでいるので

それに耐えれず、

人を潰し続け、称賛され続けて

ようやく少しだけ楽でいられるほど

自尊心の低い恐ろしい病気なのです。

でも、自己愛性人格障害の人は

とてもひどいことをしているように見えますが

それくらい自尊心が傷つくくらい

ひどい思いを幼少期にしているのです。

そしてそれが大人になっても

治らないくらい

人として共感してもらえなくて

ただ立派な人間にならなければ

そのままの自分では

認めてもらえなかったのでしょう。

子供のころのそういう思いをして

育っているので

共感能力が全く育っていないのです。

もともとあったものが

なくなったわけではなく

共感力を感じることのないまま

育ってしまっているので

共感する、ということが分からないのです。

だから治らない、のではなく

もともと知らないのです。

だから自己愛性人格障害の治療というものは存在せず

育てなおし、という共感能力というものを

教える、ということが行われます。

子供のころにしらずにそだってしまったものを

学習という形で

覚える、理解する、というものです。

だからできるだけ若いうちに

育てなおしをすることが必要で

彼が大人になっていればいるほど

共感能力を使わずに過ごした期間が長いので

覚えても、それを本当に感じるようになる、

ということが非常に難しいのです。

だから自己愛性人格障害の人を

責めることはできないので

本人が生きづらい、と感じて

本気でそれを治したい、と思わなければ

治療はなかなか難しいのです。

取り巻きがいて

彼から離れないターゲットがそばにいて

自己愛性人格障害の人が過ごしやすいようでは

今までそれが普通だと思って

生きてきてしまっているので

気づくのがなかなか難しいのです。

本人が何か、おかしい、と思うきっかけが必要です。

それには

彼が、生きづらいことに気づく

何か事件が起きなければ

気づくことは難しいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする