自己愛性人格障害の人のこじつけの意味について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人がする

こじつけの意味について

お話ししたいと思います。

あなたが彼と普通に過ごしていて

彼のご機嫌が突然悪くなった場合、

あなたがもし

納得できることだったとしたら

さほど怖くないと思います。

きちんと、あんなことがあれば

彼は機嫌が悪くなるだろうと

納得できる理由だったとすれば

あなたも納得できるので、

不思議でも何でもありません。

そういうことってあなただってあると思うので

彼の気持ちも分かりますよね。

ところが、

あなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合は、

まずわけが分かりません。

わけが分からないことは人間は怖いと思うのです。

わけが分かることは

人間怖いとは思いませんので

それに対して普通に反論があれば

ケンカになりますし、

反論がなく、あなたも彼の意見と

同じなら普通に彼と話ができます。

自己愛性人格障害とは

自分の中にたまったおなかの怒りを

誰かにぶつけて発散させたいと

思っているので

ぶつける相手が必要なのです。

そしてその相手があなたなのですが、

あなたに不備がないと困るわけです。

本当は、あなたには不備は

ないのですが、

不備がないと怒れないので

こじつけ行為を行います。

自己愛性人格障害の被害に

あうような人は

すべての責任は

自分にあると思いがちなので

彼のあなたに対してのこじつけに

自分が悪いと思い込みます。

すると、彼はあなたに

怒りをぶつけることが

容易になるのです。

あなたの不備は

彼が作り出した

架空の不備なのですが、

あなたが、本当に自分が悪いと

思い込んでくれるので

彼のこじつけが

成り立ってしまうのですが、

あなたが彼のこじつけに気づくと

彼はあなたに怒りを

ぶつけにくくなります。

自己愛性人格障害の人の

最終的な目的は、心の中のもやもやを

発散させたいだけなのです。

だから、あなたは彼のこじつけを

受け入れてはいけません。

彼のこじつけは

勝手に彼が自分が

正義の味方になるように

仕組んだだけで

もともとはあなたには

何の不備も発生してはいないのです。

何にもないところで

もめるのは疲れると思いませんか?

本当は何も起こっていないのです。

あなたがそのことに

もう少し敏感に感じ取ることが

できると

彼は、あなたに何も

できなくなるでしょう。

何もないところで

頻繁に事件が起きて

それがすべて

あなたの責任にされると、

それにおいて

何もしていないあなたが

その責任を負うことになると

思います。

というよりあなたが自ら

彼の作り出した架空の責任を

負ってしまいます。

何もないところで

彼のこじつけを

受け付けるのをやめてください。

彼とうまくいきたいために

我慢を続けて

すべて自分のせいにしていると

納得できない気持ちがあなたの中に

どんどんたまっていきます。

それがどんどん蓄積されていくと

優しいあなたがだんだんに

攻撃的になってきます。

もともと被害者だった人が

攻撃的になることは

よくあることです。

攻撃的になってしまうと

本当に

あなたの信用がなくなってしまうので

彼がするこじつけを

受けないようにしてください。

あなたがすることは、

ただ、受け付けないように

することだけなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする