自己愛性人格障害の人の攻撃を受けない方法

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の攻撃を

受けない方法について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

無視や揚げ足とり、

からかいなどがありますが、

理不尽にこれをされることにより

ショックをうけます。

あなたがショックを

うけることによって

すこし高揚し、満足します。

でも、その満足はほんとうに一瞬で

またすぐにわきあがって来るので

彼の気分が悪い時に

彼が一番安心できる人に向かって

嫌がらせ行為をします。

まず、自己愛性人格障害の人に

突然怒られたり、

あなたがやっていないようなことで

責められたりするので

びっくりしてしまうことが、

彼に対する恐怖を

強めていると思います。

あなたの予測不可能な行動や

心理を彼がもつので

訳が分からなくなり

びっくりするのです。

人は

分からないものには

恐怖心を持つのです。

もし、はじめから彼がやる行為について

予想していたら

彼が突然怒りだしても

心の準備ができているので

前よりは怖くないと思います。

だから自己愛性人格障害を理解することで

彼がしてくるだいたいの行動を

読めるようになると思います。

そうすると、

彼が攻撃を仕掛けてきても

今までよりは

少し冷静に対処できると思います。

あなたがショックを受けて

彼をどうして怒らせてしまったのか

悩んだり

あなたが悪いと、自分を責めてしまっていると

あなたはだんだん彼といることが

苦しくなってきます。

だから彼とあなたの関係の味方を

変えてみて下さい。

もともと自己愛性人格障害の人は

怒りをかかえて生きているので

おなかの中にその怒りを隠し持っています。

それを

ぶつけても自分から逃げていかない人に

ぶつけてストレスを

発散させているだけなのです。

だからもともとあなたが何かしたから

彼が怒った、ということではないのです。

共依存症の人は

すべての責任は自分にあると

考えがちです。

少し冷静に考えてみて

本当に自分が何かしたのかを

考えてみてください。

自己愛性人格障害の人は

もともと何があっても他人のせいにします。

そんな人が共依存症の人のそばいいたら

共依存症の人は

常に何もしていないのに

自分を責め続けてしまいます。

それでは共依存症の人はたまりません。

でも苦しくなる原因は

自分の中にあって

よく考えもせず、すべての責任が自分にあると

思い込むことです。

そんなことをしたら

イライラした人に

感情をぶつけられただけなのに

自分が何かしたからではないのか、

と永遠に考え込んでしまうし、

自己愛性人格障害の人にしても

あなたに責任をなすり続けていれば

すべての責任から逃れることが

できます。

そして自分は人に

感情や責任を押し付け続けてしまい、

変われるチャンスを無くしてしまいます。

お互いに潰しあうことになるので

自己愛性人格障害の人の怒りを

ぶつけられているだけだと

理解しましょう。

それが分かってくると

自己愛性人格障害の人に

八つ当たりをさせても

冷静に見ることができます。

つまり自己愛性人格障害の人の

責任を受けないで済むので

あなたは幾分楽になれます。

あなたが冷静になれると

彼からの攻撃に堪えることもなくなるので

自己愛性人格障害の人が

1人でやっていることになります。

それを繰り返していると

自己愛性人格障害の人も

何も高揚感を感じることができないので

あなたに攻撃するのをやめてしまいます。

メリットのないことはやらないのです。

自己愛性人格障害の彼に攻撃されて

たまらない人は

一度この方法を試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする