自己愛性人格障害の人の攻撃をやめさせる唯一の方法

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人を

心で無視する理由について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害とは

相手の心を傷つける病気です。

 

手を出す場合も、あなたの体を傷つけたいわけでは

ありません。

 

あなたが手を出されることによって

彼にそんな風に扱われる辛さを味あわせるためで

体に痛みを感じさせることが

目的ではありません。

 

まあ、自己愛性人格障害は

手を出すことはめったにない、とされているのは

そのためですが

目的が心を傷つけることなので

手を出すことは関係のないことのように

扱われていますが

あなたが手を出すことによって

怖さを感じたり、彼を信じていいのか不安になったり

また手を出されることで恐怖を感じると思ったときには

手を出すこともあります。

 

でも、自己愛性人格障害の説明として

心を傷つける病気なので

DVに関しては、まず

自己愛性人格障害の特徴とわけて

考えましょう。

さて、話は元に戻りますが、

心を傷つけて

あなたが自分よりも下等な人間として

扱かって、

自分を価値のある人間だと

思い込むことによってしか

自然に生きていけないので

どうしてもしてしまいます。

 

だから、

自己愛性人格障害の人は

あなたを傷つけて

喜んでいるわけではないのです。

 

あなたを傷つけることによって

自分は(あなたより)価値のある

人間だったとほっとするのです。

 

だから、あなたが彼の目の前から

いなくなれば、

また自分の存在価値に疑問を持ち

その恐怖に打ち勝てないので

また満足できる相手を無意識のうちに

見つけます。

 

 

常に、弱い人間や自分のために

犠牲になってくれる相手を

求めているといえます。

 

だからあなたが傷ついたり

やめて!と彼に必死で訴えて

涙を見せれば

彼は満足して、さらにあなたへの虐待をやめません。

 

普通の人は、

相手が傷ついている、と感じたときには

ちょっとかわいそうだったかな?と

罪悪感にさいなまれて

少し攻撃を緩めてしまいます。

 

もしあなたが、

彼に涙や弱いところを見せて

同情してもらい、

彼の攻撃をやめさせようとしているのなら

それはやめたほうがいいでしょう。

 

共感力のまったくない、自己愛性人格障害は

相手がかわいそうだという感覚は

まったくおきないのです。

 

 

それどころか、

あなたが苦しんでいるところを

見れば見るほど喜んで

攻撃を強めてきます。

 

 

だから彼に無関心になってくださいと

いっているのです。

 

普通の人から見たら

相手に無関心になるということは

冷たい人間のすることだと映るでしょう。

 

でも、自己愛性人格障害の

被害者になるような人は

まったくその逆で

暖かい人だからこそ

やられるのです。

 

無視できない性格で

いつまでも彼に

分かって分かってとすがっているから

自己愛性人格障害の人は

喜んで攻撃を強めてくるのです。

 

あなたを助ける人は

あなた自身しかいません。

 

自己愛性人格障害の彼は

心が通じない病気です。

 

モラハラ被害を防ぐことは

「やめて!」と大声を張り上げることでも

周りの人に

わかってもらうことでもありません。

 

そんなことをしたら

あなたが苦しんだり嫌がっていることが

自己愛性人格障害の人にばれてしまって

あなたは勝ち目のない

自己愛性人格障害の人に

立ち直れないぐらい

ぺちゃんこにつぶされてしまいます。

 

tiaraがいつも

心で無関心になってくださいといっているのは

敵対心を見せないように

自己愛性人格障害の人に

あなたには、何をやっても通じない

と思われることが

自己愛性人格障害の人が、

あなたに攻撃をしたいと

思わなくなる唯一の方法なのです。

 

それができないのなら

彼の前から姿を消すことです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください