自己愛性人格障害の人の後悔

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の後悔について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

本人も気づいていない

おなかの中に、もともと持っている怒りを

自分の信頼できる身近な人にぶつけて

自尊心を保っている病気です。

だから、だんだんと周りとの関係を

壊していってしまいます。

自己愛性人格障害の人も

人を見下したり、ののしったりすることにより

気分が少し高揚しているので

好きでやっているように見えたり

人をおとしいれているように

見えるかもしれませんが

実は違います。

実はそうは見えないようですが、

本人も自分の中の怒りの正体が何かわからず

その理由を探して周りの人のせいにして

あいつが悪いから俺がこんなにイライラするんだ、

と本気で思い込みます。

その怒りが尋常でないくらい大きいので

自己愛性人格障害の人も耐え切れず

自分が楽になるために

こじつけて人のせいにしているので

もともと自分がおなかの中に怒りを持っている

とは思っていません。

自己愛性人格障害の人は

自尊心がものすごく低いために

自分がそんな人間だということに耐えられず、

自分は本当はもっと価値がある人間だ

と思い込もうとします。

そうすることによって

自尊心の低い人間だということは

自分自身に隠していますので

普段はとても尊大にふるまいます。

そしてそんな尊大な人間が

ちっぽけな人間の出来が悪いために

イラつかせられていて

その怒りをぶつけることは

その人間に正しいことを教えている

と思い込んでいます。

そうすることによって

自分自身で起こしたことへの

意識を麻痺させていますので

罪悪感を感じずに済みます。

そして関係を壊してしまっている

自分自身の罪を

あなたに擦り付けることによって

逃げているのです。

だから関係を壊したのは

あなたのせいだと思い

自分は被害者だと思い込むことによって

深く傷つきます。

ですがそれは自分自身が

起こした罪から逃げるために

自分がしていることなのです。

自己愛性人格障害の人は

何をするにも大変効率がよく

なんでもできて責任感が強いように見えますが

実はその真逆なのです。

事件が起こったのは

あなたが悪いせいだと理由を探し

もっともらしいふるまいをして自分は常に

立派で落ち着いた人物を演じ続けます。

ですが、今まで築き上げてきた関係を

何度も壊すことに

うすうす気づいており

年齢とともに自分が何かおかしいことには

気づき始めるんでしょう。

ですが後悔してもまたすぐに同じことを

繰り返してしまいます。

だから後悔しても

すぐに次のターゲットに怒りをぶつけたり

尊大な魅力を見せて

自分に人を惹きつけておかないと気が済まないので

いつまでも1つのことに

こだわっていることが出来ません。

だから後悔しても

その後悔をし続けていることが出来ないのです。

後悔をしていても

どうしても尊大にふるまってしまう彼は

今でも立派な人だと思われて

周りの人にはなかなか伝わりません。

自分でうすうすは気づいていても

周りの人にはわからないので

そのまま自分は被害者だと思い込みます。

その方が都合がいいからです。

そしてまた

尊大なふるまいを演じているうちに

まわりにいるひとのなかから

ターゲットを見つけ、

何度も何度も同じことを繰り返しているのです。

そしてそれは自己愛性人格障害の人本人も

どうしてもやめることが出来ず

常に人をつぶし続けていなければ

恐怖に押しつぶされてしまうので

自分が楽になりたいがために

必死で尊大な自分を演じ続けてしまいます。

そして

人をつぶし続けているので

またすぐに新しいターゲットに気が移ってしまい

いつまでも同じことに

かかわり続けていられないので

ずっと前のことに

後悔し続けている暇はないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする