自己愛性人格障害のひとの恐怖心

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

ターゲットを失ったときの

心境について

お話したいと思います。

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいて

何とか気持ちに整理をつけたり

もしくは、彼のことが怖くなり

彼から逃げ出した場合、

彼の心境はどうなるのでしょう。

彼に逆らったことで

怖くなり、

彼が余計に逆上してくる、とか

何をされるか分からない、

という被害者の方がほとんどですが、

たいていの場合、

それは間違いです。

自己愛性人格障害のターゲットに

されるひとは

ターゲットにされたことに

どうしても納得がいかなくて

わかってもらおうとして、必死になり

一生懸命、自己愛性人格障害の彼に

しがみつこうとする人です。

そういった人は

自己愛性人格障害の嫌がらせに

苦しみ、自己愛性人格障害のひとの

自尊心を満足させてしまうからです。

もちろん、今まで一緒にいた彼とは

離れたくないでしょうし

彼の事が好きだから

今まで必死で耐えてきても

自己愛性人格障害の彼から

離れたくなかったんだと思います。

それほどまでに彼の事が

好きな気持ちも分かります。

自己愛性人格障害の被害者の

ほとんどがそうなのです。

彼が自己愛性人格障害だなんて

もちろん信じたくもありませんし

もし、そうだとしても

できれば治ってほしいと思います。

それが普通です。

でも、それができないのです。

自己愛性人格障害の彼は

あなたがそばにいればいるほど

その症状は酷くなってしまうのです。

彼も自分がどうして

そんな心境になるのか、わかっていません。

お腹のなかの怒りは

もしかしたら

あなたが怒らせることをしてしまうから、

イライラするんだ、

とおもっているかもしれません。

でもそれは違うのです。

彼はどんなことをしていても

他人にイライラするのです。

いつもその人に、

自分より上に立たれることに

怯えています。

その中で常に、

自分の価値を確かめたいのです。

そうしていなければ

自分には、

生きている価値がないような気さえして

怖いのです。

でも、本当はそんなことはないのです。

でも自己愛性人格障害のひとは

他人を信用していないため

そんなことを言っても信じませんし、

あなたにそんな気がなくても

あなたが彼を潰しにかかると思っています。

自己愛性人格障害のひとの怖さは

その極端な恐怖心からくるのです。

そして、その恐怖心があることが

バレるのを恐れていて

常に虚勢をはっている状態なのです。

幼い頃の辛い体験から

共感力が育たず、

人の心がわかりません。

自分を守ることだけで必死なのです。

ひとの気持ちが

分からないおとなに育ってしまい、

なんだか分からないけど

自分がひとと違うことに

感覚が分からずイライラするのです。

自己愛性人格障害のひとは

人を脅して生きています。

そうじゃないと自分がやられると

おもっているからです。

そして、自己愛性人格障害のひとにとって

ターゲットとは

自分の感情をぶつけても

逃げていかない便利な存在です。

恋人でも後輩でも

ターゲットがいることに

ある安心感を持っています。

そして、たまにターゲットのご機嫌を取って

いい人を演じ

あなたが逃げていかないように

気を付けているのです。

でも、そんなあなたが自己愛性人格障害という

その性質に気が付いて

逃げていくことを

心のどこかで恐れています。

どんなにあなたを否定しても

否定されながらも苦しんで

あなたがついてくることを期待しているのです。

そのあなたが彼から離れていこうとするとき

彼はびっくりして後悔します。

今なら間に合うと

必死で逃がさないように

しがみつき行為をするのです。

でも、それでも逃げていこうとすると

今度は脅しと優しさを交互に使い

あなたが逃げていかないように

コントロールします。

それでも自己愛性人格障害の攻撃が効かず

あなたが逃げていこうとすると

自己愛性人格障害のひとがしていた悪事が

みんなにばらされると思い

あなたが周りの人から信用してもらえないように

あなたの悪い噂を振りまきます。

それでもあなたが堪えず、

彼から逃げていこうとするとき

自己愛性人格障害のひとの虚勢がはがれて

今度は自己愛性人格障害のひとの

驚くほど臆病な面が顔を出すのです。

そして、

あなたが自分のことをばらしてしまわないか

恐怖におののきます。

そしてもう二度とあなたに近づかないのです。

どれだけ自己愛成人期悪障害のひとが攻撃をしても

あなたに全然効かないと思ったとき

自己愛性人格障害のひとは

もうあなたには

何の手出しもできなくなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする