自己愛性人格障害の人は周りの人もコントロールしてしまう

こんにちは♡

自己愛性人格障害の人の

周りの人のコントロールの仕方について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

なぜか周りの人から

信頼されることが多く、

知らない間に周りを虜にしています。

 

取り巻きを作るタイプも

自己愛性人格障害の人が多く、

女性のあこがれの的、ということも

多いでしょう。

 

 

でも、あんなにも

ひどいことをしているのに

どうして周りを信用させることが

できるのでしょうか?

 

それは彼の心が徹底して

自分は悪くない、という形を崩さず

行動しているからです。

 

あんなにも、

周りをどんどん巻き込んで

味方にしていくのです。

 

自己愛性人格障害の彼に

心を奪われて

人生を潰された人が

たくさんみえます。

 

彼女たちは

自分の身の回りの人間関係も

すべて崩されています。

 

彼があることないこと

言っているんでしょうね、

という人もいますが、

Tiaraはその可能性は

少ないと思います。

 

自己愛性人格障害の人の信頼性って

真実を使っているからなんです。

 

どんな真実も

すべて自分の都合のいいように

変えてしまうのです。

 

それが徹底しているからこそ

少しづつ自然な形で

周りを巻き込んでいくので

彼の話を聞いておかしい、

と思うことが、どこにもありません。

 

だから信じてしまうのです。

 

事実上は、

自己愛性人格障害の人は

表面上は

嘘をついていないと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は嘘をつく、

と思われているのは

そもそも自己愛性人格障害の人の話は

尊大な自分のつなぎ合わせで

彼の作った物語の中を生きています。

 

それを本当のことだと思いながら

常に話し、

それを聞いている人が

つなげて「彼」というものが

できているので

周りの人が「彼」を自分の頭の中で

都合のいいように作り上げています。

 

それが「彼」なので

彼自身の本当の彼というものは

存在しないと思います。

 

 

その都度、事実を使って

彼の都合のいいように話し続け

それを聞いている人がつなぎ合わせて

彼とはこういう人、と

作っているのです。

 

 

だから嘘をついている、という概念は

あまり持っていません。

 

自己愛性人格障害の人とは

都合のいい自分のつなぎ合わせで、

本当の自分はないのです。

 

あなたのことも事実を使って

彼の都合のいいように話され

そのつなぎ合わせでそれを聞いた人の

頭の中であなたが何をした、

というストーリーが

出来上がっていきます。

それは、あなたが何かをした、

という形で話すことが

徹底しているので

周りで聞いている人たちは

彼を信じてしまうのでしょう。

 

あることないこと言われている、

というよりは

おそらく

俺は何もしていない、

彼女が誤解してるんだよ、

という程で話をされていると

思います。

 

すると聞いたほうは彼に

同情をします。

 

あなたが何かしたんだよ、とか

あることないこと彼が話すとしたら

彼のほうが悪く思われる

可能性も出てきます。

 

だから、

おそらくそれはしていないと

思います。

 

それなのにあなたが

自分の言い訳ばかりをしていると

あなたのほうが悪い

と思われれしまう

可能性も出てきます。

 

自己愛性人格障害の人に

勝とうと思っても

絶対に勝てません。

 

彼は幼いころから

ずっとそうやって

生きているのですから。

 

彼が周りの人に何を言ったのかも

あなたには

分からないでしょう。

 

自己愛性人格障害の被害から

逃げたければ

その環境はあきらめて

新しいあなたの世界を

作っていったほうが

はるかに速いのです。

2 Replies to “自己愛性人格障害の人は周りの人もコントロールしてしまう”

    1. 匿名様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      自己愛性人格障害にも個人差がありますので、露骨に分かる方もみえます。
      そういった場合は、分かりやすいと思いますので、少しづつ心の中で距離を置いていってくださいね。
      話の通じない相手とは存在するものです。
      決して相手にしないように気をつけてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください