自己愛性人格障害は周りにターゲットがいないときはどうするの?

こんにちは♡

自己愛性人格障害の人は

自分を称賛してくれる人物や、自分が虐めてさげすむことにより

自尊心をかろうじて保てるといわれていますが、

実際にはなかなかありえない話だと思うんですけど

自分の周りにターゲットになる人物がいない場合はどんな心境なのでしょうか?

自分で自分を認められない病気のため

自分を映してくれる鏡のような役割が必要だと言いますが、

「すごい!」

「賢い!」と称賛してくれないと不安になり、自分のすごさを見せつけないと

気がすみません。

それで周りにいる人にアピールするわけですが

自己愛性人格障害の人というのは

ずっとそうやって生きてきているので

他人から見て素晴らしいと思われるような言動をします。

その時に周りの人間が何も反応しないとき、

自己愛性人格障害の人は不安になり、

自分が素晴らしい人間であることをやめようとしません。

(それを見てやっぱりTiaraはすごい!と反応しちゃっていましたけどw)

キリなくそういった自分のすばらしさを認めさせる行動をするので

やがては疲れていきます。

そして反応しない周りの人に対して

逆切れや怒りをあらわにするかもしれないので

称賛しないことは怖い、と考えたことがあります。

でも実際にはその真逆で、自己愛性人格障害の人のほうが

周りの機嫌を取ることをやめられなくなるのです。

周りの人に認めてもらえない恐怖から、次々に

奇跡のような素晴らしい行動を続けます。

Tiaraはその反応は考えていたことと真逆でした。

怒り狂ってもっと恐ろしい行動に出ると思っていたからです。

たいていの人は反対の行動をして

自己愛性人格障害の人のご機嫌を取ってしまいます

自己愛性人格障害の人は

行動が、普通の人が予想するのとすべてが反対なのです。

恐れず普通にしていれば、

上手くいくと自己愛性人格障害の人の

素晴らしい特徴だけが出る可能性があります。

でも、やはり魅力を感じてしまう人が出てきそうですよね。。。

だから自己愛性人格障害はどうしてもひどくなってしまうんです。

周りの人が知らなさすぎるからです。

それと、自己愛性人格障害の人本人も

(自分は価値のない人間などではない!)ということに

気づけると、ひどいことにはならないでしょう。

すべてが、

自己愛性人格障害の人の誤解から来ているものなのです。

他人をさげすむような行動をとらなくても

自己愛性人格障害の人には素晴らしい能力があるのです。

それは他人を自分を映し出す鏡にしなくても

自分で自分のことが認められたら

何の問題も起きないのです。

それに気が付くことができたら

自己愛性人格障害の被害も出ないと思うのです。

もし、それに気づくことができたら

自己愛性人格障害などという病気は存在しないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする