自己愛性人格障害の人の目的

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の

目的について

お話したいと思います。

 

 

残念ながら、

あなたと本当は

将来とても仲のいい恋人になることが

目的というわけでもありません。

 

もちろん、はじめはそれを

自己愛性人格障害のひとも

気づいていませんが、

将来的にあなたを

落とし入れようとしているけど

隠してあなたをだましている、

ということでもないのですが、

自己愛性人格障害のひとの脳の構造上

どうしてもそうなってしまうのです。

 

実は、自己愛性人格障害のひとも

自分はなぜ

いつもそうなってしまうのか、

ということに悩んでいることが

ほとんどです。

 

ですが、自分がそうしてしまっていることには

全く気づいておらず、

すべて相手のせいだと

思い込んでいます。

 

自分が

そんなにひどいことをしている、と

自覚してしまうと

ものすごくショックを受けるのです。

まさか、自分が

そんなひどいことをしているとは

思わず、

相手が悪いので

こんなことになっている、

とすべてをあなたのせいにして

無意識に責任から逃れています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分自身が扱いきれないので

責任を取るどころではないので

責任を取ることが

ものすごく怖いのです。

 

というより

責任を取ることができません。

 

すごく意外に思われるかも

しれませんが

普段彼が責任感がすごく強くて

男らしいように見えるのは

尊大な自分を

魅せつけているからなのです。

 

彼自身も

自分の才能を信じていません。

 

周りの人から見ると

憧れるほど

得意なことがいっぱいあるのに

自尊心が低いという病気のせいで

自分がそんなにすごいことを

しているとは

本当はどうしても思えないのです。

 

そしてその思いに苦しんでいます。

 

だから常に必死で努力しているので

自己愛性人格障害のひとは

常に疲れています。

 

本当はそんなことをする必要は

ないのですが、

その病気の症状のため、

価値のない自分を必死で隠そうと

常に全力で努力して

自分を素敵に見せているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

本人もふだんは

その自覚がありませんが

常に必死で努力しているので

周りのひとからみたら

魅力的に見えるし、

ほんとに仕事ができるようになって

しまうひともいますし、

立ち振舞いなども完璧ですが

本当は必死で努力をしつづけ

やめられず、非常に疲れていて

辛い状況です。

 

だから周りで人が笑っていたりすると

憎らしく思えてきたり

逆に自分が笑われているように

気になり

恥ずかしくなったり、

怒りをあらわにしたりします。

 

でも、だれも

自己愛性人格障害のひとを

そんな目でみているわけではないので

ビックリするのです。

 

そして、脳は正常ですので

その怒りを世間の人に見せると

うけいれられないことは

知っているので、

ふだんは隠しています。

 

そしてその怒りを持ち帰り、

怒りをぶつけても

逃げていかない恋人や、奥様、

また

会社をやめることができない

後輩などにぶつけて、

そのパンパンにたまった

ストレスを発散させているのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとの

ストレスを発散させるために

しなければならないことがあります。

 

それをしないことには

自己愛性人格障害のひとは

穏やかではいられないのです。

 

では、目的は

あなたに隠れて浮気をすることが

目的ではありません。

 

あなたに自分の不満をぶつけて

虐待することが

目的でもありません。

 

虐待なんてひどいことは

できるだけしたくないのです。

 

自分自身が悪く思われる危険性も伴いますし、

自己愛性人格障害のひとは

自分がひとを嫌うのはいいのですが

自分がひとから嫌われることに

普通の人よりも

極端な恐怖心を持っています。

 

だからそんな危険は

おかしたくないのですが、

あまりにも

優しいあなたが

もしターゲットになっているのだと

したら、

自己愛性人格障害のひとは

あなたなら許してくれると

大きな信頼を寄せて、

あなたならいいよね?

とあなたに虐待を仕掛け、

そしてあなたが堪えても耐えてくれる

ところを見て、

安心して何度も何度も

虐待を仕掛けて、

黙ってつぶれていくあなたを

見ることによって、

やっと自分の自尊心を

保つことができるのです。

 

だからせっかく

そんな危険をおかしてでも、

虐待したのに、

あなたが逃げてしまったり、

虐待を仕掛けられても

平気だったのなら

あなたが潰れるところを

見せてもらえないので、

虐待をする意味がないのです。

 

自己愛性人格障害の目的は

その虐待をを仕掛けることではなく

虐待をしたことによってあなたが

なんとか耐え、

また彼の前で潰されるところを

見なければ意味がないのです。

 

だから、自己愛性人格障害の目的は

あなたがつぶされても逃げずに

ずっと堪え続けているところを

見せてくれることなのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください