自己愛性人格障害のひとのプライド

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

プライドについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

たいへん気品高く、

プライドが高い人が多いように

見えますが

実はそうではありません。

 

プライドが高いように見えるのは

そう見えるようにふるまっていないと

恥ずかしくて

生きていくのがとても辛いからです。

 

自己愛性人格障害の人は

そうは見えませんが、

実際には、育った環境のせいで

自分には

生きる価値がないと思っています。

 

そして恥ずかしいので

それを隠していないと

いられないので

尊大な自分を見せて、

自分はすばらしい人間だと

思い込みます。

 

ですが、本当は

つぶされそうな自尊心に怯えていて

それがばれないか

びくびくしているのです。

 

そのため、ばれないように

常に無意識に虚勢を張って

生きているので、

抜群の演技力のため、

まったくばれそうもないのに

あなたに何か突っ込まれたり

そんなつもりはなくとも

火がついたように

怒り出すことがあります。

 

それは、虚勢を張っているだけなので

ばれることを非常に恐れるため

必要以上にキレて

あなたが何も

言えなくしてしまうためです。

自己愛性人格障害のひとは

この事実が極端に辛いほどの

幼少期をおくっているはずなので

自分の価値のなさを

常に必死で隠していて

自分を大きく魅せるために

また周りの人を、必死で

自分より下に見下すことに

必死なのです。

 

ですが、被害者のあなたなら

気づいていると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

そんなに価値のない存在では

ないのです。

 

むしろ普通の人よりも

頭がよかったり弁がたったり

なによりすてきな魅力一杯のひとに

見えるはずですし、

中には、そう見えるために

何事にも必死で

尋常ではない努力をしてきているために

本当に何かの才能を発揮している人も

いるのです。

 

 

それなのに、ターゲットを決め

安心して自分の感情を

ぶつけられる人を見つけて

その人の人生も仕事も人間関係も

極端にこてんぱんに潰し続け、

なんでもないことに怒り狂って

周りの人の自尊心を

生きていけないくらいに

徹底的に叩き潰し続けることだけに

常に必死に意識を向けているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

必死にやっていることは

本来やらなくてもいいことであり、

そのやらなくてもいいことのために

被害者がものすごい苦しみを

味わっているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

わざわざやらなくてもいいことで

ものすごくひどいことを

していることに

気づいていないのです。

 

やられた方は、

なぜ自分が、ここまでひどいことを

されなければいけないのかと

理解に苦しみ

まともな生活を

送れなくなってしまっている人も

います。

 

このひとたちは、

ひどいことをするどころか、

自己愛性人格障害のひとと

暖かい未来を夢にみて

必死に彼に寄り添ってきた人たち

ばかりなのです。

 

そんなひとたちの気持ちもわからずに

必死で潰し続けて

苦しめている自己愛性人格障害のひとに

本当のプライドはありません。

 

プライドの高いひとは

ひとを潰すことなく、

自分の努力と自分の未来を信じて

動くので、人のことなど

潰している暇はありませんし、

人を潰すことなどに興味がありません。

 

本当のプライドを持っているひとは

自分の輝かしい未来に

努力を続けている人であり、

他人なんて潰さなくても

自分一人の力で、

どんどん自分を高めていくので、

人のことなど興味がありません。

 

本当に自己愛の高いひとというのは

自己愛性人格障害などには

絶対にならないのです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください