自己愛性人格障害の人の責任逃れの分は責任感の強い人が補うことになる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

責任を負えない分は

責任感の強い人が補うことになる

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

普段は尊大な自分を振りまいていますから

とても責任感の強い人に見えます。

ですが、本来、

外堀ばかりを作って生きていますので

中身がありません。

なので、本当に自分が責任を負わなければ

ならないことからは全力で逃げます。

そして逃げたときも

逃げているような顔をせず

あなたに責任があるような言い方で

その責任を押し付けて逃げますので

逃げているようにはとても思えません。

そして、その責任をあなたのせいにして

虐待の道具に使い

あなたに解決させようとします。

自己愛性人格障害の人は

普段の尊大な自分を振りまいているときに

周りの人に印象付けているイメージで

とても責任感のある人だと

思われています。

周りの人は

責任感のある人だから

きちんとやっていないと怒る、

ちゃんとした人だ、

といいふうに勘違いをします。

そして自己愛性人格障害の人に

とても都合のいい状態が作られていくのです。

責任を負わされる羽目になった

あなたは

本当に責任感が強いので

何とかしようとしてしまうかもしれまん。

ですが、それは本来

自己愛性人格障害の人が

負わなければならない責任ですが、

周りの人も気づいておらず

あなたの責任だと思ってしまいます。

そして不思議なことに

必死でがんばって

責任を取ろうとしているあなたよりも

自己愛性人格障害の人のほうが

立派な人間に見えます。

自己愛性人格障害の人は

そうやって周りの人のせいにするのが

とてもうまいのです。

ですからこうなったときは

自己愛性人格障害の人に話をせず、

周りで解決してしまうと

案外あっさり解決できるものも多いです。

自己愛性人格障害の人さえ通さなければ

意外と簡単に解決できることが

多いです。

自己愛性人格障害の人は

何とかできることでも

ターゲットには絶対にダメだ、

と言ってくることがあります。

ですが、しばらくたって

自分が同じ立場に立たされると

あっさりと「いいや」と言うことも

多いです。

ですので、

自己愛性人格障害の人には逆らわず

彼にはこっそり秘密にして

解決してしまった方が早いのです。

間違っても自己愛性人格障害の人に

「あなただって!」と言ってはいけませんよ?

攻撃されたとみなし

全力でつぶしてくる可能性が出ます。

自己愛性人格障害の人が

きっちりしているわけではありません。

あなたは

自己愛性人格障害の人の

天才的な言葉の魔術によって

自分に責任があり、

解決しなければならないと

思い込んでいるだけです。

そして自己愛性人格障害の人のほうが

あっさりと責任逃れをしていることに

気づいてください。

よく見ていると

だんだんわかるようになってきますよ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする