自己愛性人格障害のターゲットになっている人への周りの対応

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人から

ターゲットにされている人への

周りの人の対応が、

自己愛性人格障害の人の攻撃を弱めるきっかけになるかもしれない、

というお話をしようと思います。

今日、会社で自己愛性人格障害の上司が、

若い子をしかっているときのことについて

お話ししますね。

その子は、その上司からいつもターゲットにされています。

いつもその子が怒られているとき、

所長は気にしてみているそうです。

長時間、その若い子を叱咤していましたが

確かに言っていることは

上司から言われても仕方のないことで

内容的にはおかしくないことです。

その時、自己愛性人格障害の上司は

何をしていたのかと言いますと、

その子に対する自分の中の怒りを

ぶつけてもいるのですが、

周りの人へ向けた見せしめも入っています。

俺は怖いぞって。

こんな風に言われたくなかったら

俺に逆らうなよっていう。。。

普段は温和な雰囲気のする方です。

あくまでも雰囲気だけで

いつも誰かに叱咤していますが。

気難しいとかめんどくさいとかで

通っているみたいなんですが、

それが、自己愛性人格障害の症状に

類似しています。

いつもみんな、その子が怒られているときは

シーンとして

触らぬ神にたたりなしって感じなのですが、

ほんと延々2時間くらい続くときもあります。

Tiaraはこういうとき、

みんながシーンとしてちゃ

いけないと思うんです。

この上司も自己愛性人格障害だと

確信していますので

極力関わりたくないんですが、

仕事上関わらなければいけないときは

淡々とそのことにだけついて

話してすぐに自分の席に戻り

ほとんどプライベートに話したり

雑談などもTiaraは一切しません。

だから、Tiaraには何もして来ません。

自己愛性人格障害の人が誰かに

長時間叱咤しだしたときは

そんなことお構いなしに

周りで穏やかな雰囲気で会話をしたり

その子が怒られていることに

全く関心を寄せないほうがいいんです。

そうすると、

自己愛性人格障害の人が

あれ?誰も俺たちのこと

気にしてないなあと

(自己愛性人格障害は

自分に注目してほしいので)

その子に叱咤することに

飽きてきます。

ついでにこの子も一生懸命聞かず

あまり素直に怒られずに、

あまり反応せず、

ただただ上司にしゃべらせていると

怒るのが馬鹿らしくなり

怒るのをやめてしまいます。

一生懸命聞こうとすればするほど

お説教をやめないのが

自己愛性人格障害の特徴です。

もし、注意する点があれば、

そのことだけについて

話をして、きちんと仕事をしてもらおうとしているのなら

長時間のお説教はいりません。

長時間のお説教は

自己愛性人格障害の人がその子に向かって

ストレスを発散させているのと

自己顕示欲の表れなのです。

だからそんなに長いこと叱咤されたくないのであれば

相手にしないのが一番です。

ただ、上司なので無視をするわけには

いきませんので

なるべくあっさり話を終わらせるように

持っていって

できるだけ早く

その場を離れましょう。

そして周りの人も気を使ったり

シーンとしていなくても大丈夫です。

むしろ相手にしないほうが

自己愛性人格障害の人も恥ずかしくなって

割とあっさり身を引くでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする