自己愛性人格障害のひとの嘘をすべて暴くことは不可能


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの嘘を

すべて暴くことは不可能だと

いうことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとに関わっても

意味がありません。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の元彼を

本当にTiaraのことを大切にしてくれる

大切な人だと思い、大事にしてきましたが、

後から後から出てくる

いろいろな話に困惑し

どうしてそうなったのか、

どれが嘘でどれが本当なのかを

分析しても意味のないことが

とてもよくわかりました。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が正しいと信じて疑わず

自分に問題があったとしても

すべて相手が悪いと思い込んでいます。

 

そして嘘の中にも本当のこともあり

どれが嘘でどれが本当のことなのかを

調べても話がころころ変わり

すべてが相手が悪いと思い

自分が正しいと正当化してしまうために

かなり事実がねじ曲がってしまいます。

 

その中から本当のことを割り出したとしても

意味がないのです。

 

このことから本当のことを割り出そうと

必死になる被害者もいるのですが、

自己愛性人格障害のひとの

基準はすべて自分なので

どこで事実がねじ曲がって

自己愛性人格障害のひとが正しいのか

分からなくなります。

 

当然自分をよく見せるために

被害者を常識はずれで

頭のおかしい人物だと

思わせてしまうことも

よくあります。

 

このような自己愛性人格障害のひとと

どのように付き合ったらいいのかと考えても

方法はないのです。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いたら

できるだけ距離を置くことをお勧めします。

 

まともに付き合おうとすると

あなたの方が混乱してしまい

判断できません。

自己愛性人格障害のひとは

自分が温厚で有能な常識的な紳士だと

信じて疑わないので

そのために

あなたのことをどれだけでも

悪く言うのです。

 

そこから事実と嘘を振り分けようと思っても

あまり意味がないのです。

 

常識や罪悪感というものも

まったくもっていませんので

あなたのことを思ってくれていると

思っていた場合は

本当にショックですが、

まともに考えても無駄なのです。

 

 

自己愛性人格障害は残念ながら

育った環境から共感力というものが

育たなかったので

治るということがありません。

 

彼が治ると信じてついていっても

時間の無駄になります。

 

たまに薬で治るという記事を

見かけることがあるのですが、

脳の共感力を使う部分が

もともと正常に育っていないため

薬などで治るということは考えられません。

 

精神安定剤のようなもので

落ち着くのは

もともと正常な人物が

ストレスやイライラで

怒りやすくなっている場合などで

自己愛性人格障害が治るわけではないのです。

 

精神科医でも自己愛性人格障害を

正しく判断できる医者は少なく

自己愛性人格障害の本人を知っていて

研究されている人のみ

自己愛性人格障害のひとをある程度

判断できるのです。

 

お金もうけの、よくわかっていない

カウンセラーに長い時間かかるよりも

自己愛性人格障害のひとについて

よく知る同じ被害者の方に相談したほうが

あなたの話はよくわかってもらえると思います。

 

薬や精神科で自己愛性人格障害が治るなどとは

考えないほうが良いでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

被害者を悪者にして

自分が正常だと思い込んでいますので

仕事のできる自己愛性人格障害の場合は

ある程度、社会に溶け込んで生きています。

 

むしろ被害者のほうが誤解されがちで

居場所を奪われる場合が多いですので

自己愛性人格障害のひとに気づいたときは

できるだけ関わらないようにすることが

自己愛性人格障害のひとから

身を守る唯一の方法になるでしょう。

 

私だけが理解してあげることができる、

と考えがちなまじめな人ほど

自己愛性人格障害の被害に遭いやすいので

気をつけて自分の身を守ることに

専念してください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください