自己愛性人格障害のひととは話し合いにはならない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人とは

話し合いにならない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼に

気持ちを分かってもらいたくて

彼に話し合いの機会を

作ってもらいたい

という人がいるのですが、

話し合いは無駄になります。

 

 

 

難しい言葉を使って

さもきちんと説明しているような

姿勢をとります、が

彼はあなたを負かしたいだけです。

 

話の内容はあなたに嫌がらせをする内容を

必死でいかにも理にかなっているように

言っているだけで

自己愛性人格障害のひとの話を聞いていると

ただ、自分が責められているだけ

としか感じられないので

解決するどころか、

あなたが不快になるだけです。

 

もともと自分がきちんと

あなたを説得することはできない

と思っているので、

あなたに勝つために難しい言葉を使い

いかにも自分が正しいことを

言っているように

論破したいだけなのです。

 

彼はただあなたに勝てれば

それでいいのです。

 

だから自己愛性人格障害の彼とは

話し合いで物事を

解決しようと思っても

仕方のないことです。

 

先にあなたが

そういう心づもりでないと

イライラして仕方がないのです。

 

自己愛性人格障害人は

もともとあなたを初めから

イライラさせるつもりで話していると

覚えておいてください。

そしてもしこのイライラを

彼にぶつけてしまうと

あなたのほうが悪者になるように

うまい具合に利用されてしまいます。

 

だから彼にイライラを

ぶつけないようにするためには

あらかじめあなたのほうが

話し合いで解決しようという気持ちは

初めから持たないことです。

 

話し合いで分からせることは

無理なのです。

 

 

ではどうしたらいいか、

あなたのほうが先に

話し合いができないように

してしまうことです。

 

すると、自己愛性人格障害は

あなたが何を考えているのか

分からないので、

どんどん混乱してきます。

 

 

混乱するとだんだんいうことを

思いつかなくなり

話しがなくなってしまいます。

 

言うことがなくなると

自己愛性人格障害は

話ができなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとの話し合いは

イライラしたほうが負けだと

覚えておいてください。

 

どうせ解決のない話し合いをするのなら

あなたがイライラしないほうに

心を持っていくように

努力したほうがいいでしょう。

 

彼に話をさせるように持っていき

あなたは聞き役に徹してください。

 

多大、この時、

うんうん、と一生懸命聞くことは

やめてください。

 

ただ彼に話をさせ、あなたは聞き流す

というスタンスをとってください。

 

そうでないとあなたが辛くなってしまいますし、

あなたに攻撃が効いている、と思い

彼のほうも調子に乗って

どんどンあなたを責め立てていきます。

 

 

どうせ話を真剣に聞いていたとしても

あなたを負かしたいだけで

本当のことを言っているとは

限らないのです。

 

初めのうちは怒られたり

あなたが悪いように

一生懸命話をするかもしれませんが

ずっと聞いていると

だんだん話すことがなくなってきます。

 

そして彼も話を続けていることにより

少しは満足しています。

 

だから内容のことは

そんなに真剣に聞かないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

話し合いで物事を解決しようとすることは

そもそもが無理なのだと

覚えておいて下さい。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください