自己愛性人格障害の人と被害者になる人の相性の良さについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人と

被害者になる人の相性の良さ

について、お話ししようと思います。

自己愛性人格障害の人は

人の痛みが分からないといわれています。

分かるにはわかるのですが、

それを理解しようとしていません。

理解してしまうと

自分のおなかの中の怒りをぶつけることに

罪悪感を感じてしまいます。

そうすると

自分がひどいことをしていることに

気づいてしまうので、

自分がひどい人間だと認めることになり

辛すぎます。

なので相手の気持ちを理解しないようにして

罪悪感を感じなくするために

相手が悪い理由を

自分の中で無理やりでも探し出し

自分を正当化してしまい、

相手が悪いと思うことで

楽になります。

そして自己愛性人格障害の人の

被害者になるような人は

自分の気持ちが分からないのです。

自分の気持ちが

分かるにはわかるのですが、

それを見ないようにしているのです。

自分の気持ちを見ないようにして

相手のいいところだけを見て

いつかきっと必ずうまくいくようになる

と信じて

その努力を

一向にやめようとはしません。

それが、どんどんひどくなる原因に

なっているのです。

よく恋愛コラムなんかを見ていると

誰にでも欠点はあるので、

自分の彼のいいところだけを見てあげて

悪いところには

目をつむってあげてください、

などと書いてあります。

これは、普通の人には

とてもいいと思うのですが、

相手が自己愛性人格障害だとしたら

とんでもないことになります。

相手の気持ちを理解しようとしない

自己愛性人格障害の人と

自分の気持ちを見ないようにしている被害者とが

ぴったりと合ってしまっているのです。

被害者になる人は

ほんとうは自分は

ひどいことなんてされたくない

はずなのですが、

うまくいってほしいがために

相手にどんどん寄り添い

自分の気持ちを見ないようにして

本当は辛くても、さらりと流して

大丈夫、と自分をむりやり納得させます。

自己愛性人格障害の人は

相手の気持ちを見ないようにして

罪悪感から逃れ、

相手のせいにしてなんでもないところに

自分の怒りをぶつけていますが

自分を正当化することにより

苦しまずに済んでいます。

この二人の相性が

ぴったりと合ってしまっているのです。

そうやって長く続けることによって

被害者は満足していますが、

自己愛性人格障害の人は

どんどんひどくなってしまいますので

いつか限界が来ます。

二人の為に我慢した結果が

自己愛性人格障害の人の症状を

悪化させてしまっているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする