自己愛性人格障害の人との付き合い方のポイント

こんにちは

今日は、自己愛性人格障害以外の人と付き合う、

ということについて

お話ししたいと思います。

ここにたどり着いたあなたは、

彼と何らかのトラブルを抱えていて

彼の自己愛性人格障害に気づいた人だと思います。

出会って初めのころは、

とっても魅力的だったと思います。

もしかしたら今も。。。

でも、なぜか嫌な思いや苦しい思いをすることが多く、

人間不信になってしまう方も大勢見えます。

ターゲットになってしまうと

完全に縁を切るまでは、

絶えずトラブルが怒ったり、幸せだったりを繰り返しますが、

そもそも自己愛性人格障害を

なぜよけて通ることができないのでしょう?

まず、自己愛性人格障害の人はものすごく積極的で

頭もいいので、

すぐに彼のペースに巻き込まれて抜け出せなくなってしまいます。

怖くて言うことを聞いてしまったり

取り巻きになったりする人も多いでしょう。

そもそもその行為自体が間違っています。

あなたは、自己愛性人格障害というものに

少なからず気づいている人なので

次からは自己愛性人格障害をよけて通ることができます。

自己愛性人格障害は

決してご機嫌を取ってはいけないのです。

みんながご機嫌を取ったり、自己愛性人格障害の人と

楽しくしていても

あなたは初めから決して入らないでください。

その人が何をしていても一切

関心を持たないことです。

自己愛性人格障害は、尊大な自分を常に演じています。

初めは魅力的に見えるでしょう。

でもしばらくすると必ず気づいてくるのが、

常に誰かをディスっていたり、説教をしていたり

急に冷たくなったりします。

1度、自己愛性人格障害の被害に合った人は

こういった雰囲気を持った人がすぐに分かるようになります。

後、そういう人にも関わらず、外部の人や上司、

肩書のついた人などと接するときは

驚くほど穏やかで紳士的なのです。

それをよく見ておきましょう。

そしてその人が

自己愛性人格障害だと分かったときには極力あなた1人だけは

心の距離を置いてください。

常にその人に関心を向けず、

でも向こうから話しかけてきたときや親切にしてくれた時だけは

きちんと対応をし

お礼を言ってください。

そしてそのあとはべたべたしないことです。

やってくれたことはありがとう。

でもそれだけです。

後はかんけいない、という行動をとり続けると

あなたは初めからターゲットから外れます。

そしてだんだんその場にいやすくなるでしょう。

自己愛性人格障害の人も

あなたには親切にしてくれるはずです。

自己愛性人格障害の人に親切にしてもらえるようになると

不思議と周りの人も

あなたには親切にしだすのです。

自己愛性人格障害は、

付き合い方さえ間違えなければ、

紳士的で知的で親切なのです。

その関係性を崩さず、

それ以上の関係にならなければ

驚くほど有意義な時間が流れ始めます。

決して恋人やターゲットにだけは

絶対にならないように注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする