自己愛性人格障害のひとをできるだけ早く見抜くメリットについて


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

行動を先取りして攻撃を防ぐことに

ついて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の攻撃は

基本、拒否と否定です。

あなたを否定して拒否することにより

あなたの自尊心を潰します。

そして、あなたが

彼に認めてもらおうと

必死になる気持ちをながめて

自分には価値がある

と高揚するのです。

分かりますか?

自己愛性人格障害の彼が

あなたを否定する理由は

あなたが悪いからでも

あなたが失敗したからでも

あなたが彼の気持ちを

分からないからでもないのです。

自己愛性人格障害のひとのなかに

それくらい極端に

自分のことを認めてもらわなければ

生きていけないほど辛い思いが

あるのです。

それがいわゆる精神病で

普通のひとはそんなこと

思いもしません。

病的なほど

人の欠点に着目し

あぶり出して、そこを徹底的に

つつくことで

周りの人間をコントロールします。

tiaraは今は

自己愛性人格障害の人を見ると

すぐに分かるので

ターゲットになると

どれだけ怖いことになるのか

分かっているので

初めから対処をして

近づきすぎないよう

あらかじめ準備をします。

本当はみなさんにも

おすすめしたいのですが、

自己愛性人格障害を

知らない方からすると

ビックリするので

自分からはなかなか教えられません。

tiaraのサイトを

たまたまお知りになり

相談室より

お申し込みいただいた方には

お教えすることができるのですが

会社で見ていて

ターゲットになりそうなひとが

分かっても、

アドバイスをすることが

なかなか難しいです。

そうこうするうちに

完全に支配されかかっている人を

たまたま見つけてしまうと

いたたまれない気持ちになります。

4月になり、

新入社員がたくさん入ってくる時期に

なりましたが

tiaraの会社では

一足先に中途採用で女の子が1人

数ヵ月前に入ってきました。

この女の子に

同じくらいの年頃の男の子が

指導係としてついているのですが

この二人について

男の子の先輩にあたる30代の男性と

自己愛性人格障害のリーダーが

二人で打ち合わせをしているのが

聞こえました。

この30代の男性は、

もともととても優しく、

堂々とした頼りがいのある方

だったのですが、

以前からターゲットにならないか

気になっていました。

tiaraはこの

自己愛性人格障害のリーダーに

気づいていたので

もともと対処をしていますし、

tiaraの席の付近の方には

気を付けるように伝えてあったので

今のところ誰も

ターゲットにはなっていないのですが、

この男性は席が遠く

なかなか頻繁には伝えられないので

自己愛性人格障害について

お話をしたことがありません。

ずっと気になっていたのですが

もともとはとてもよく話をする

明るい方だったのですが

最近は表情も暗く、口数も少なくなり

以前は仲のよかったtiaraとも

めっきり会話は少なくなっていき

なんとなくみんなにも

話しかけるなオーラを出しています。

だからいつも、

とても心配をしていたのですが、

ここ最近、席替えをした

タイミングもあり

tiaraの席の後ろのスペースが

打ち合わせスペースになったおかげで

状況が見えてきました。

どうも、新人の女の子と

教育係の若い男の子の

話をしているようだったのですが、

30代の男性が

自己愛性人格障害のリーダーに

「僕が見ていても、ちょっと深くまで

教え込みすぎているところが

あります。

そこまで深く教え込みすぎていては

ちょっと問題だと思います。

もう少し突き放さないと

女の子のためにもよくないです。」

となんだか二人を

離す方向で話をしているのが

分かります。

彼女は中途採用なので

1人で入社してきたのですが

うちの会社はかなり専門的な分野で

一般的な知識では

言葉ひとつとっても

特殊で分かりにくいです。

tiaraたちも派遣なので

特に詳しく教えてもらえない中、

いきなり専門的なお仕事を

任せられるので

かなり苦労をしていますが、

幸い、周りのベテラン派遣さんたちが

わりとレベルが高く、知識が豊富で

親切なので、

周りの方から教えてもらいながら

なんとか進めていっている感じです。

実際、新卒の4月入社の方たちが

昨日付けで150人ほど

入社してきたのですが、

まる1年間の研修期間を行い

来年の4月に

やっと配属先が決まります。

実際、去年の2018年度の

入社の方たちが、

ようやく1年の研修期間を終えて、

10名ほど、うちの課に昨日所属になり

そこからまた3ヶ月、

現在部署ごとの研修をしていますので

それが終わってから

ようやく実践となります。

少し他の会社にくらべて長いなと

思いましたが、

それくらい専門性の高い分野

なのです。

それをその女の子には

「教え込みすぎている」とか

「もう少し突き放さないと」とか

その30代の男性の言葉とは

思えません。

もともと彼もとても親切で丁寧で

「間違っていてもいいので

一度自分の思うように

やってみてください。

もし間違っていても、当たり前です。

そこで、どこが分かっていないのか

僕らも分かりますので、

そこで修正をかけていきます。」

と言っていて、提出した資料が違うと

責めることなく明るく

「ここが分からなかったんだね~。

こういうときは、ここを見て。。。」

と懇切丁寧に説明をしてくれます。

彼の説明はとても優しく丁寧で

tiaraも、この男性のおかげで

かなり仕事が分かるようになった

覚えがあります。

なのでとても彼の言葉とは

思えない言葉が

聞こえてきたのですが

きっと自己愛性人格障害のリーダーに

時間をかけて

そんなんじゃよくない、

教えすぎるな、自分でやらせろ、と

言われ続けてきて

彼自身も、丁寧に教えることで

否定をされてきたのだと思います。

丁寧に教えることで

否定されるってなにかおかしいと

思いませんか?

だってとても専門的な分野で

できるだけ早く正確性をもって

自立するためにはきちんと教えた方が

いいに決まっていませんか?

いきなり分からないうちから

自分で考えてやらせるなんて

失敗したときにののしるため、

にしか思えません。

そもそも専門性の高い分野なので

専門の勉強をしないと

自分で考えて分かるものでも

ないのです。

tiaraが見ている限り、

この数ヵ月は、おそらく

この30代の男性が

自己愛性人格障害のリーダーの

ターゲットだったと思うのですが

この男性の自尊心をへし折ることに

夢中になっているうちに

新人の女の子と20代の男性指導係が

親密になっていることに

気づき、面白くなくなって

きたのでしょう。

それに、今日の様子を見ると

もうすでに30代の男性は

かなり

自己愛性人格障害のリーダーの

考え方寄りになってきています。

だから、かわいそうですが

もうかなり洗脳は済まされた状態に

なっているでしょう。

この20代の男性もtiaraは

かなり好きな性格で

とても優しく丁寧で、

技術的なことに関しては

とても詳しいです。

数ヵ月前から

彼女を欲しがっていたので

そこに入ってきた同世代の女の子には

かなり丁寧に教えたと思いますので、

入って数ヵ月ですが

この女の子もかなり知識は

ついてきていると思われます。

上についた先輩がいいひとだったので

この女の子はおそらく大丈夫だろうと

tiaraも思っていたのです。

自己愛性人格障害とは

こうやって、どんどん進出して

活動の場を広げていくので

だんだん自己愛性人格障害のひとの

考え方が広まり主流になってきます。

ただ、この女の子は

初めにある程度、

知識がついていると思いますので、

初めからターゲットに

されたひとよりは

孤立してもある程度、

自分で判断ができると思います。

おそらく自己愛性人格障害の

リーダーは

この二人を離すことに

集中するでしょう。

女の子が彼と離れて

辛くならなければいいのですが、

洗脳されなければ

自己愛性人格障害のリーダーの

見ていないところで

彼に聞けばいいでしょう。

真面目に彼に聞いてはいけない、

と思ってしまうと

だんだんとやりにくくなるでしょう。

tiaraの席の付近のひとには

tiaraが仕事中、

自己愛性人格障害のリーダーが

動くたびに

本当はどんな心境でそうしているのか

いいつづけているので

みんな分かっているのですが

30代の男性と20代の二人には

どうやって伝えたらいいのか

とても難しいです。

おそらく30代の男性は

もうtiaraの言うことは

伝わらないでしょう。

本当にいい人だし

結婚したばかりなので

会社が辛くならないか心配です。

他人を使って自尊心をあげたいだけの

自己愛性人格障害のひとの犠牲に

ならなくてもいいのに

リーダーからの洗脳で

おそらく今は、リーダーの考え方が

正しいと思ってしまっているのかも

しれません。

そして、リーダーも

はじめから

自己愛性人格障害だと

疑っていたのですが

こういったことが

やめられないところを見ると

おそらく自己愛性人格障害で

間違いないでしょう。

そして、ずっと拒否と否定を

繰り返しても

すり寄っていかなかったtiaraや

tiaraの席の近くのひとたちに

優しくしたり、面白いところを

見せたりして

好かれようとしてきているのが

分かります。

ですが。tiaraの周りの人たちは

今までのことも、

全部知っていますので

急に「いいひとなんだ」と思って

すり寄っていくことは

ないと思います。

tiaraも以前はそういうところを見て

(なんだ。ほんとは、いい人なんだ)

と簡単にほっとして

すり寄っていっていました。

いつまでもこだわっていても

しょうがない、さっぱりしていない、

などと思っていましたが

そうやっておおらかに

すぐに人を

許してしまうひとを狙って

攻撃してきます。

だからと言って

ふつうのひとに

一度でも厳しいことを

言われたからといって

もう一度も気を許してはいけない、

ということではなく

相手が普通のひとなら

それでいいのです。

相手が自己愛性人格障害だから

問題なのです。

だからあなたも

自己愛性人格障害のひとを

見抜けるようになると

それなりに初めから対処することができるので、とてもいきやすくなると思います。

まずは自己愛性人格障害について

知識を高めることを

めざしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする