自己愛性人格障害が、怒りの矛先する理由は単純なのです。

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の

怒りをぶつける先について

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だった場合、

一番難しい問題は、

彼を好きだという気持ちです。

 

Tiara自身、恋愛は大好きで

人を好きになる気持ちや

自分の愛情を

向けられる相手がいるということは

本当に幸せなことだと思っています。

 

自分の愛情を向ける相手が

突然いなくなることは、とてもさみしく

不安な気持ちになると思いますので

彼を失うことに

恐怖を感じる気持ちは分かります。

 

それが、あなたが

彼の怒りをぶつけてもいい

相手でい続けてしまう

原因になっています。

 

あなたが何をしようが、

逆に何もしなくても

怒りの矛先なってしまう

いうだけの話です。

 

内容は関係のです。

 

怒りの矛先になっても逃げない

ということが

怒りの矛先になる原因です。

 

でも、

彼が自己愛性人格障害だった場合

早かれ遅かれほとんどの場合

いっしょにいられなくなる可能性が

高いと思います。

 

ほとんどの被害者の人は、

別れたくないと思うでしょう。

 

普通の人が恋愛をするときでも

やはりぶつかることはあるでしょう。

 

お互いの感情に

少しづつ折り合いをつけて

歩み寄っていき

だんだん似たような

ものの考え方に

なってくると思います。

 

物の考え方だけでなく、

行動や習慣も歩み寄ってきて

二人で同じ道を歩んでいくことは

あなたにとっても

Tiaraにとっても理想だと思います。

 

でも、

そういう言った考えのもとに

自己愛性人格障害の人と

長年いっしょにいた場合、

後悔が残る人も

大勢いると思います。

 

でも、Tiaraはそうは思いません。

 

どんな相手でも

学びを得たことが

必ずあると思います。

彼が自己愛性人格障害だった事は

非常に残念ですが、

そういう人とは

普通の人と同じように接していては

だめだということが分かりました。

 

 

世の中はTiaraが考えていた人だけで

はなかったのです。

 

考えてみたら

当たり前なのかもしれませんが

それぞれみんな個性があります。

 

それなのにその全員が

話せばわかる、

必ずどんな人とも

歩み寄りができるものではないのです。

 

きちんと相手を見て

あきらめなければならないことも

あると思います。

 

被害者になるような人は

それが苦手です。

 

自分の固着した考え方を

なかなか変えることができず、

苦しみ続けてしまうことになるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたの言うことを聞きません。

極端な話、

話の内容がどうだとしても、

あなたがYESといえば

彼はNOだというのです。

交わるわけがありません。

交わらないようにして

あなたを否定することが

目的だからです。

 

どれだけ彼の合わせようとしても

無理なのです。

 

彼が、

あなたをたたきたいがために

あなたに合わせないように

必死で努力してくるからです。

 

もし、自己愛性人格障害の人に

話が通じるとすれば、

Tiaraは

彼に言いたいことがあります。

 

あなたはそんなに相手を否定しなくても

価値のない人間なんかではないよって。

 

でもそれを聞き入れられないほど

彼の中の自尊心は低いのでしょう。

 

常に

虚勢を張っているような感じです。

 

そんなことを常にしていれば

トラブルだらけになるし、

疲れるし、

イライラするに決まっています。

 

そんなことをする必要がないのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

常に辛い状態にあります。

 

この悪循環な自分の症状に

気づいて、それをやめてしまえば

楽になるということに

気づいてほしいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください