自己愛性人格障害の言う「ゴメンナサイ」

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の人が言う

「ごめんなさい。」についてお話ししたいと思います。

 

普通、人に謝る場合、

相手に自分が悪いことをしてしまったな、と思う時に使うと思います。

 

でも、普通、人が相手に「ゴメンナサイ。」と

謝るときは、ちょっとしたことであっても、

深く反省しなければならない、少し重みのあることである場合でも、

最低でも、その場では、

(ああ、申し訳ないことをしたな。今後はしないように

気を付けよう)という意味で

謝るのが普通です。

ところが、自己愛性人格障害の人も

謝るときはあるのですが、その意味が

普通の人が謝るときよりも

驚くほど軽い意味なのです。

 

言い方は関係ありません。

何度も何度も、「ゴメンナサイ。許してください。」という時もあれば、

深く頭をさげ、「ごめんなさい。」という時もあるのですが、

普通の人が謝るときほどの

深い意味は持たないのです。

 

自己愛性人格障害の人が、誤った場合は、

こちらはすぐに許してあげなければならないのです。

そして、自己愛性人格障害の人が

謝ったことを受け入れた人には、どれだけ悪いことをしていようと

「俺、謝ったよね?謝ったんだからなかったことになってるよね?」

というくらいの意味なのです。

 

簡単に言えば、それを許さなければ恐ろしい目にあいます。

嫌がらせの連発です。

 

そして、謝ったからと言ってもうやらないとは限らないのです。

もっと言ってしまえば、何度でもやるのです。

つまりは、誤った=そんなことは初めからしていない

という風に自己愛性人格障害の人の頭の中はなっています。

 

自己愛性人格障害の人が、どれだけひどいことをしていても

関係ないのです。

 

Tiaraはもう謝ってもやらない、とはとてもじゃないけど思えなかったので、

「もう何を信じればいいの?もう信じられないよね。」

と言ってしまったので、

限度なくとてつもない嫌がらせを逃すことなくされました。

 

結局最後は逃げる形となったのですが、

ゴメンナサイ、と何度も言った彼の行動とは、とても思えないほどの

激しさでした。

 

まだ、ごまかせるうちはいいのです。

こちらが、ごまかされているうちは

自己愛性人格障害の人もしばらくは安心しています。

 

本当はその間にコツゼンと姿を消して逃げるのが

一番よかったのかもしれません。

 

でも、自己愛性人格障害だという確信はなかったし、

それどころがまだ、好きだったため、逃げたくはありませんよね?

 

でも、好きだとか言っている場合ではないのです。

自己愛性人格障害は、その精神状態ゆえに

すべての人が敵だと認識しています。

 

敵ではないのは、まだ、彼に騙されている人たちだけなのです。

 

Tiaraと元カレは、別れるまで何度となく繰り返していますが、

Tiaraがまだ彼のことを信用していて、

今度こそ変わってくれる、と信じていたから

戻ってしまっていたんです。

 

 

あなたの彼は、謝ったら2度と同じことを繰り返しませんか?

男に二言はないのですが、自己愛性人格障害は

いったん断言したことでも、何度でもころころ変えるので

こういう人は信用してはいけません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください