自己愛性人格障害のひとは悪いことをしている雰囲気はまったくない


こんばんは♡

今日は悪いことをしている雰囲気は

まったくない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの話を

していると

Tiaraのことを

自己愛性人格障害のひとのことが

嫌いだと思う人が

ほとんどだと思うのですが

Tiaraは自己愛性人格障害のひとの

ことが

嫌いではありません。

 

どうしてかというと

自己愛性人格障害という

病気を持っている人には

自分の意思はほとんどなく

ただ恐怖から自分を守ることに

必死なだけだからです。

 

自己愛性人格障害のひとには

「自分」というものが

まったくありません。

 

ただ、その場で一番都合のいい自分を

演じているだけなのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

実に人間らしい魅力を

持っているように見えますが

そういったふうに

常に演じているだけなので

中身が空洞なのです。

 

 

たしかにひどいことを

いっぱいしますし、

人を突き落として人を否定し

人を拒否しているのですが

そこに彼らの悪気はありません。

 

悪気がないからと言って

許されることではないようなことを

たくさんしているのですが

彼らはその病気のために

極端に大きな恐怖心をいだいていて

その恐怖から逃れるために

必死で人を蹴落としていないと

自分が全否定されてしまう、と

ありもしない恐怖に怯えて

その恐怖から自分を守ることに

必死になっているのです。

 

もちろんターゲットをつぶす気も

いじめようという気も

さらさらないのですが

ただ、ありもしない恐怖から

逃れようと全力なだけなのです。

 

だから

自己愛性人格障害のひとそのものを

嫌っても仕方がないので

なんの感情も沸きませんが

ただ、普通のひとは

そんな不思議なことがあるなんて

思いもしませんので

そんなひどいことをされるなんて

自分はなんてひどい人間なんだろうと

ありもしない罪の意識に

苦しむ被害者をただ

Tiaraは助けたいだけなのです。

 

 

たとえば彼と別れた後からでも

あなたに彼の情報が

彼自身ではない別のルートから

入ってくることもよくあります。

 

(中にはこんなところにいることを

知らないはずなのに

と旅行先にまで彼が現れて驚いた

という人もお見えになりました。)

自己愛性人格障害の彼は

自分の口から言うことなく

彼女の友人や親族から

彼に新しい恋人ができたことを

聞かれたり

あなたのことをまだ忘れられないと

聞かされたりして

また苦しむことになるのです。

 

 

でもそれは自己愛性人格障害のひとが

言ったわけではないのですから

彼女を傷つけたのは

自己愛性人格障害のひとではなく

彼女に伝えた彼女の親しい人物、

ということになります。

 

自己愛性人格障害のひとの

そばにいると

危ないということに

気づいていないあなたを

そこから救い出してあげたい

だけなのです。

 

 

もちろん、自己愛性人格障害のひとが

普通のひとで

話しの分かる人だったとしたら

説得して、そんなことをしたら

人が傷つくよ?と

教えたり話し合ったりすることも

あるかもしれません。

 

 

ですが、Tiaraはもう

自己愛性人格障害のひとに話をしても

話しが全く通じない、ということが

分かっているからなのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

怒りの感情を持っても

仕方のないことなのです。

 

彼はお人形と同じで人のことは

たとえ大切な人だろうと

家族だろうと

いっさい人の気持ちは

分からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても常識人に見えますから

話せば分かってくれそうに思えます。

 

話をすればうなづいてくれて

あなたの話に「分かった。」と

言ってくれることもあるでしょう。

 

 

ですが、それは本当に

分かってくれたわけではなく

「わかった。」といえば

自分が物分かりの良い

温厚な常識人に見えるから

ただ「分かった。」と

言っているだけで

本当は全く分かっていません。

 

トラブルを起こしたくないときも

自分が悪者になりそうなときも

コロッと変わって

急に物分かりが良くなったりします。

 

でもそれは自分が常識的な

いい人間に見えるから

言っているだけのことで

本当にあなたの気もちを

考えてくれたり

仲直りしたわけではないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの行動は

すべて自分のためです。

 

自分が良く思われるためだけに行動していて

自己愛性人格障害のひとのことを

信じた人や

彼と一緒にやっていきたいと

思ってくれる人が現れたときに

彼は豹変するのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

すべての行動は

すべて自分が価値のある人間だと

ふるまい続けることをしているだけで

あなたの話に

耳を傾けたわけではないからです。

 

自己愛性人格障害のひとの言動を

深く考えることはやめましょう。

 

自己愛性人格障害のひとには

あまり感情を向けず

話を短く聞いた後で

すぐに自分のしたいことに

集中するとよいでしょう。

 

そうすることで

いちいち傷つかすにいることができ

今後は自分の未来について

考えていかなければならないのです。

 

あなたの人生は

人に潰されるためにあるのでは

ありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

ただたた自分の自尊心を保つために

人をつぶしているだけなのです。

 

そこには特に

意味などありません。

 

自己愛性人格障害のひとの

犠牲になる必要はありません。

 

あなたは自分の人生を

幸せになるために生きているのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください