自己愛性人格障害の彼が病気に気づくきっかけの邪魔をしてはいけない

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の別れた彼と

同じ環境にいた場合の対処法について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の彼と

やっと別れることができても

彼のことを嫌いになる方は

ほとんど0に等しいと思います。

好きなのに

彼が怖いから離れざるをえなかったか、

彼から一方的に別れを告げられてしまったかの

どちらだと思います。

別れたくなくても、

別れざるを得なかったので、

本当は

できれば彼と戻りたいと思っている人が

ほとんどでしょう。

あなたももう分かっているとは思いますが

彼が自己愛性人格障害だった場合

絶対に戻ってはいけません。

でも彼は、自分のことを忘れられると

困るので、

ちょいちょい姿を見せてくることが

あると思います。

まだ素敵な彼を見て

心を引っ張られるのは

相当にきついでしょう。

彼をまだ好きでもいいですか?

という質問をよく受けることがあるのですが、

もちろんずっと好きでもいいと思います。

Tiaraもまだ彼のことは

すてきだと思っていますし、

好きだと思います。

でも、それは表面上のことで

尊大な自分を魅せつけて

すてきなところをいっぱい見せ

愛の言葉をいっぱい浴びせられたので

この上ない幸せを感じたことは

事実だと思います。

幸せを感じたあなたの気持ちは

本当の気持ちなので

その思い出まで消さなくても

すてきな余韻に時々浸るのは

いいと思います。

でも、あなたが彼のことを好きな気持ちは

絶対に彼に魅せてはいけません。

あくまでも何とも思っていないのよと

無関心を装ってください。

そして、敵対心も見せてはいけません。

あくまでも

いてもいなくても

全く気にならない、

という風に振舞うのです。

あなたが彼のことを

好きだと分かってしまうと

彼はまた、あなたを取り込んできて

必ず以前よりひどい状態になると思いますので、

いったん別れた後は

絶対に戻ってはいけません。

自己愛性人格障害は、

別れても戻ってくると

以前よりもっとひどいことをして傷つけ

それでもあなたが

帰ってくるところを見たくて仕方がないのです。

だからよりひどいことをしてくるでしょう。

自己愛性人格障害の人に

後戻り、ということはありません。

必ず少しづつひどくなるのです。

しかし、あなたが彼に戻らないと

ひどく傷つきます。

人を傷つけることは平気なのに

自分はものすごく傷つくのです。

彼のそんな姿を見て同情する人も

いるでしょう。

でも戻ると必ず以前よりひどくなるのです。

Tiaraの彼は、

そうなりたくなくて

かなり抑えていたと思います。

性格も変えたと言っていました。

そんな努力をしたので

偉いなとも思っていましたし

それだけ自分の性格が嫌なら

もう同じことをしないだろうと

Tiaraも考えていました。

でも押さえた感情が強ければ強いほど

押さえていた期間が長ければ長いほど

激化したときは

恐ろしく全力でつぶしてきます。

だから戻ってはいけません。

それでもあなたが逃げたと思ったときは

相当なショックでしばらくは

立ち直れないのです。

でも、そういう挫折を経験して

彼が自分の病気に気づくきっかけになることも

あるのです。

もし彼が若ければ若いほど

本人が強く自覚し、治したいと思えば

治る確率は上がります。

だからあなたは

彼が治したいと思う邪魔をしてはいけないので

彼のことを想うのならなおさら

戻ってはいけないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする