自己愛性人格障害の彼があなたを怒るわけ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

行動には極端に差があることについて

お話ししたいと思います。

いつもTiaraは、

自己愛性人格障害の人の怒り方は

とてもこわく、怒鳴ったりしなくても、

手を出したりしなくても、

心臓が止まりそうなほど怖いというお話をしていると思います。

自己愛憤怒とは

どうしてそんなに怖いのでしょう。

それは、まず、あなたに身に覚えのないことで

激怒されることが多く、

人間は、自分で納得でできることは

ある程度、心の中で処理することができるのですが、

自分で納得できないことや分からないことが起きると

理解できることよりも恐怖を感じます。

自己愛性人格障害の人は

いかにもあなたに責任があるように言いますが、

実はそうではなく、

自己愛性人格障害の人の中にある怒りを

信頼できるあなたにぶつけているだけなのです。

あなたは、その責任感の強さから、

なんでも自分に責任があると

思いすぎていて、

自己愛性人格障害の人の責任まで取ろうとする

傾向にあります。

でも、

本当は、自己愛性人格障害の人の怒りは

あなたのせいではなく、

頭のどこかで納得ができていないため

怒られることに意味が分からないので

極度の恐怖を感じるのです。

それが自己愛憤怒が恐ろしいわけになります。

そして、自己愛憤怒をぶつけられるのは、

自己愛性人格障害の人が

あなたに信頼を感じているから向けられるわけですが、

それは世間の常識とはまるで逆なので、

あなたは、自分のどこに責任があるのか分からないので

頭が混乱します。

でも、それは、

自己愛性人格障害の人からの

信頼を得ているからぶつけられているだけなのです。

それが分かれば、

自己愛憤怒を見ても、

自己愛性人格障害の人の中の怒りで

あなたには関係のないこと、ということが

分かりますので、あなたは自分を責めなくて済みますし、

なぜ彼のためにあんなにも尽くしているのに

こんな理不尽な目に合うのか?と

悩まずに済みます。

でも、それが分かったからと言って

彼の怒りのサンドバックになり続けることは

あなたにとって

人生の無駄でしかありません。

いくら好きだからと言って

自己愛性人格障害の人の

あなたに関係のない怒りを向けられ続けることは

とても辛いことになります。

だから、それが頭でわかれば

彼から離れることも

自分で判断できるのです。

でも、それに納得できていないと

彼が治るのではないか、とか

いつかきっと分かってくれる、だとか、

あなたが悪いとあなたに関係のないことで

自責の念を感じなくても済むでしょう。

あなたは、彼を自己愛性人格障害だと

知らずに好きになってしまったのです。

そして彼も自分の感覚が病気だとは分からず、

あなたが悪いと思い続けているのです。

そんな思いをしないためにも

できるだけ早く彼のことは忘れましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする