自己愛性人格障害の彼からの「忘れられない」という攻撃について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人と

別れた後に,何度も「別れたくない!」

とアピールされることの意味について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は、

自分から意味もなくフッた彼女のところにわざわざ何度も顔を見せにいく、

という行為をします。

 

そのときによりそれが直接会いに行くのではなく、

プレゼントを贈ってきたり、置手紙をおいていく、

というやり方の場合もあります。

そのときの彼は彼女とよりを戻したい、と思っているわけではないのです。

戻る気などさらさらありません。

 

彼の目的は、

彼女が自分のことを忘れられないようにすることが

目的なのです。

 

今考えると、けんかをして震えてこらえているTiaraに

わざと優しい声で話しかけていたのではないかと思います。

 

その当時のTiaraの心境としては

けんかをしたのに大人だな、と思っていました。

 

自己愛性人格障害の彼は、同じことをしています。

昔の彼女のところにも

何度も何度も、

まだ、自己愛性人格障害の彼のことを忘れられないことを知っていながら

わざわざ「俺の責任だから。」と優しくするために

会いに行っていました。

しかも会いに行くときは、わざわざTiaraに

「戻るわけではないからきちんと言ってくるから安心して。」といって

会いに行っていました。

 

「安心して。」ではありません。

一見、責任感の強いやさしい人にも見えるのですが、

やられたほうは、たまったものではありません。

 

もう戻るつもりがないのでしたら

2度と顔は見せてほしくないです。

 

これは自己愛性人格障害の人のモラハラを強めてきたときの攻撃で

ここまでくると、あなたもかなり弱ってきている段階だと思いますが、

ここで気づくチャンスでもあるのです。

 

モラハラは極限状態になると、

嫌がらせとしがみつき行為を交互にしてくるので、

あなたが離れそうになるとピンチになって

泣き落としや、自殺宣言、弱弱しさをアピールする行為は

あなたの罪悪感への攻撃です。

 

そしてそれが効かない、となると

今度は、嫌がらせや脅しをかけてきます。

 

俺と付き合わないと

会社での立場が悪くなるぞ、俺がフォローしてるから何とか会社にいられるけど

俺のフォローがないとクビになるかもしれない、

などけっこう自己愛性人格障害の人がする典型的な例のようです。

 

あなたのことを本当に思っている人が

こんなことを言って来るはずがありません。

 

だいたいみなさんこの辺で気づくようなので、

あなたの彼の行動と比べてみてください。

 

もし彼が自己愛性人格障害なら

ぴんと来る行動があるはずなのです。

もし、ここで戻ると

本当に恐ろしいことになるので

ここまできたら

彼と一緒にいてはいけないと危機感をもってください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください