自己愛性人格障害の彼は実は本人も辛い

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

テンションが高くて

コミュニケーション上手に見えますが

実は本人も辛いということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は、

普段とても明るくて堂々としていて

コミュニケーション上手に

見えますよね。

 

あなただけに

まったく無視をしたり

何度も別れ話をしたり

別に女性がいたりするのに

なんだかとても得をしているように

見えませんか?

 

でも、自己愛性人格障害の人も

そうやってふるまいながらも

実はとても辛いのです。

 

 

そもそも自己愛性人格障害の人の

心情として

自尊心があまりに低いために

自分には価値がないと思い込んでいて

それが世間の人にばれることに

異常な恐怖心をいだいています。

 

だから、必死になって

尊大な自分を魅せつけ続けて

いますので

とても素敵に見えてしまいます。

 

一見、ナルシストのようにも

見えますが、

ナルシストは自分で満足して

自分に酔っていますが、

自己愛性人格障害は

ナルシストとはまったく真逆で

自分の本当の姿が見られるのは

恥ずかしいと思っているので

必死に隠そうとして

尊大な自分を演じ続けてしまい

そしてそれをやめることが

できないのです。

 

 

だから本人にとっては

非常に辛い状態です。

 

あなたは彼の魅力に惹かれていて

彼のことを大好きですので、

彼が尊大な自分を魅せつけることを

とてもうれしく思い

彼を尊敬してみています。

 

そしてあなたは

自己愛性人格障害の彼を

称賛しているので

彼にとっては自尊心を

満足させる絶好の相手なのです。

 

 

そんな自分の自尊心を

満足させてくれるあなたなら

普通の人ならきっと満足して

あなたを大事にしてくれるでしょう。

 

あなたを大事にできる人は、

自分にも普通に自信を持っていて

そういう人は相手のことも

認めることができます。

 

ところが、自己愛性人格障害とは、

はたから見るとそうは見えませんが

異常にに自尊心が低いため

人のことを認めている余裕など

ありません。

ただ、もともとが

自尊心が低すぎるために

人から嫌われることを

必要以上に恐れていて、

本来はとても臆病なのです。

 

だから人から嫌われることが

とても怖いので

どうしても人に

親切にしてしまいます。

 

 

人に親切にするので

いい人に見られやすいですが

その理由が、人に嫌われたくないから

どうしても親切にしてしまうし

尊大な自分を魅せつけてしまうため

素敵で優しい人に見えます。

 

ですが本来はそれは

自己愛性人格障害の人にとって

必死でやっていることなので

非常に疲れやすく

ストレスもパンパンに抱えています。

 

そのストレスと引き換えに

素敵に見えると言っても

過言ではありません。

 

そしてそのストレスをぶつける相手が

彼のことをとても好きな

あなたになるのです。

 

 

恋人同士の場合、

上手くいかなくても

相手が必死に歩み寄ろうとか

分かってあげようと思い

努力してきます。

 

しかし、普通の人間同士の関係なら

嫌な奴は避けることになるでしょう。

 

だから、自己愛性人格障害の人は

恋愛を使うことが多いのです。

 

そして自己愛性人格障害の人の

恋愛感情というものも

残念ながら初めのうちだけで

すぐに自分のほうに

意識が切り替わってしまいます。

 

あなたのことを考えて

行動しているほど

自己愛性人格障害の人には

余裕がないのです。

 

だから彼から離れていかないあなたを手放そうとせず

惹きつけておきますが、

自己愛性人格障害の人の不満を

ぶつけやすい相手となってしまうのが

恋人や奥さまになります。

 

彼からの別れ話にも

理不尽な無視にも

必死で耐え、

彼に許しを請うことばかり考えて

彼に怒りの理由が

自分にないことに気づきません。

 

 

そして彼の思い通りに

だんだん動くように

なっていくのです。

 

自己愛性人格障害の人にとって

あなたのことを考える余裕は

ありません。

 

周りの人に好かれる努力はしても

あなたに好かれる努力はしなくても

あなたはどんどん

自分から歩み寄ってくるからです。

 

あなたは、本来

しなければいけないこととは

まったく反対のことをしています。

 

これからは嫌なことをされたときは

距離を置き、

大事にされたときこそ

相手に寄り添うよう

心掛けてください。

 

でないと

嫌なことをしても

あなたがどんどん寄り添っていけば、

彼はあなたにどんどん嫌なことを

し続けます。

 

逆に嫌なことをされたときに

あなたが距離を置けば

むしろ、自己愛性人格障害の彼は

焦ってあなたに

寄り添ってくるでしょう。

 

嫌なことをされたときは

絶対に寄り添ってはいけません。

 

自分を大切にするためにも

あなたのことを

大切にしてくれる人としか

お付き合いはしないでくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください