自己愛性人格障害の彼へのこだわりを捨ててみる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼への

こだわりを捨てることについて

お話したいと思います。

好きな人がいるとき、

それはその人への気持ちの

こだわりがある状態と言えます。

Tiaraもどちらかと言うと

恋愛体質なので、

思春期からずっと恋人は

大切にしてきたもののひとつでした。

あなたは忘れているかもしれませんが、

付き合っているときは

二人の関係は対等です。

彼にいろんなことを

やってもらったかも知れませんが

あなたも彼に尽くしているはずです。

プレゼントだって

もらったかもしれませんが、

あなただって彼のことを思いながら

彼のために1つ1つ選んできたはずです。

つぶされることなんてないんです。

怒られることなんてないんです。

一方的にどちらかが上の関係は

付き合っている二人には関係ありません。

彼は素敵かもしませんが、

彼だってあなたの魅力に

あなたを選んできたのです。

むしろ自己愛性人格障害なら

一方的にあなたのほうが思いを寄せたところで

自分が気に入らなければ

相手にもしないでしょう。

あなたは彼のことを思いすぎて

相手の気持ちばかりに寄り添い

彼があなたを大事にしていないことを

我慢してしまっています。

気づいていないわけではないのです。

せっかく積み上げてきた二人の関係を

壊したくなくて

自分を犠牲にしているのでは

ありませんか?

そうやって

傷ついていることが

あなたが大切にされていない証拠です。

自分を大切にしてくれない人への

こだわりを捨ててみませんか?

そんな恋愛をしたって

幸せではありません。

幸せになれない彼にこだわっていても

その恋愛は何のために

しているのですか?

あなたの心をつぶすため?

あなたの人生を無駄にするため?

彼が好きだと言う気持ちはなんですか?

過去へのこだわり?

以前、幸せだったから?

自分が幸せになるためにしたはずの恋愛が

あなたをつぶしにかかってきます。

ずっと自己愛性人格障害の彼と一緒にいると

あなたは大切なものを

全て失います。

あなたの心も存在さえも

何も悪いこともしていないのに

あなたの大事な彼につぶされるのです。

そのことにうすうす気づいているのに

あなたは彼から

離れられません。

悲しい気持ちはとてもよく分かります。

でもあなたの彼は

自己愛性人格障害なのではありませんか?

もしそうなら

一緒にいればいるほど

彼の症状もどんどん

ひどくなります。

できるだけ早めに離れないと

後悔することになるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする