自己愛性人格障害の彼にも自分の感情は抑えられない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

激化するタイミングについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼が

激化するタイミングは、

いわゆる、ひどくなってからですが、

そのタイミングがわりと

一番幸せなタイミングで激化することが

多いように思えます。

 

実際、Tiaraも何度か別れを繰り返しては

もとに戻り、それを何度もしているうちに

だんだん読めるようにも

なってきていましたし、

彼にも最後のほうはもう戻っても

絶対にまた別れるって言いだすよ、と

彼本人に言うようになっていったのです。

 

彼も、それを言われてしまうと

よりを戻すときに

都合が悪いので

「そんなことないよ。今度こそTiaraを

本当に大切にするよ。」と言っていました。

 

「ほんと?」と何度も念を押しましたが

「本当だ」という彼の瞳に嘘はありませんので

もう一度戻ったとき、

これだけ言うならもう大丈夫だとは

思うけど、もしこれで終わるのなら

もう本当に終わりにしよう、

と心に決めて戻りました。

 

それから1年ほど

彼も「別れる」と言わなくなり、

子供たちとも仲が深まり

本当に「ああ、もうこれで今度こそ本当に

落ち着いたんだな、と思っていました。

 

もう結婚も間近だと思い始めていました。

彼の家の近くの薬局で

会員証も作りました。

 

もう大丈夫だろうと

思いかけていたんです。

 

でも、やっぱり駄目だったんです。

 

今考えると、

彼も相当我慢してたのではないかと思います。

 

自分の感情が爆発するのを

じっと抑えていたんだと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

他人の幸せなところを

見ることが耐えられません。

 

それなのに、

頑張って我慢してきたのでしょう。

 

彼といてTiaraが幸せになると

ふつふつと彼の中で怒りの感情が

顔を出し始めます。

 

でも怒りを相手にぶつけて八つ当たりをすれば

いつものように

無視や別れといった症状に出てしまうのです。

 

それそ抑えるためには、

心と感情を切り離さなければなりません。

彼にとっても

モラハラの感情を抑えるのは

至難の業だったでしょう。

 

要するに

関係性が深まると

自己愛性人格障害の人の心の中に芽生える

モラハラな感情を抑え込まないと

そばにいる恋人と一緒にい続けるということが

できなかったのです。

 

 

自己愛性人格障害とは

本当に悲しい病気です。

 

自分のパートナーを

憎むか憎まれるかしかないのです。

 

これは、自己愛性人格障害の人にとって

自然な感情の流れで

誰にもどうすることもできないのです。

 

出会って初めのころは

自己愛性人格障害の人も

初めからそんな感情は持っていないので

今までの人とはダメだったけれど

Tiaraだったら、

今までのようにはならないと思ったのです。

 

 

でも、一緒に何年も過ごすうちに

だんだんと今までの人たちと

同じように憎しみの感情が出てきて

押さえられなくなってしまったのでしょう。

 

 

彼と出会って

まだ間もないころの彼の笑顔が

とても印象的です。

 

「Tiaraとだったら

うまくやっていけるような気がするんだ。」

 

Tiaraを見ながらニコニコして

そういっていた彼が

今でもとても愛しく思えます。

2 Replies to “自己愛性人格障害の彼にも自分の感情は抑えられない”

  1. こちらが幸せそうにすると、バカにされてると思うみたいですよね。私は、彼から習っていたことが、うまくできるようになって、感謝の気持ちもこめて、披露したら面白くなさそうでした。彼にとって、教えを熱心に受け苦労して練習する姿は好きでも、できるようになって、私が外の世界
    へ出ていくのは憎しみでしかないんだなと悲しくなりました。彼は自分が支配できてる時は、愛し合ってることになり、できなくなったと感じた時は裏切りになるんだなと、思い返しています。人が少しでも幸せになることに恐怖を感じたり、ばかにされてると思ったり。人が幸せになっても自分の価値が減るわけではないのに。

    1. みか様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      Tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      自己愛性人格障害の人は自分を称賛してくれる人が好きです。
      でもそれに気が付いていないときは、彼に教えてもらったことを見せたりして認めてもらおうとしたりしますよね。
      その時の彼の態度を見ると本当にがっかりします。

      でも、自己愛性人格障害は人のいいところを認めることができないほど自尊心が傷ついているので仕方ないですね。
      このことに気が付けないとこちらが傷ついてしまいますよね。彼が、話の通じる人間ではなかったとあきらめるしかないですが、
      自分が好きになった人の場合は、あきらめたくないですよね。
      自己愛性人格障害とは本当に悲しい病気です。自己愛性人格障害は自責の念がないため、治ることは難しいと言われていますので、
      彼から離れて普通の人と一緒にいるほうが、普通に幸せを感じられると思います。
      みかさんもどうかみかさんの良さが分かる人と一緒になってくださいね。
      彼にはみかさんの良さが分からないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください