自己愛性人格障害の彼の機嫌が悪い時の対処法

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼の

機嫌が悪い時の対処法について

お話しします。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だと分かっても

まだ彼と別れる決心ができないとき

できれば彼が機嫌が悪くなることは

避けたいですよね。

でも、自己愛性人格障害の彼の

怒りの地雷ってどこに潜んでいるのか

見当もつきません。

被害者のあなたから見たら

突然機嫌が悪くなって

怒りだしているようにしか

見えませんよね。

自己愛性人格障害の人は

そうは見えませんが、

常に必死になって生きています。

必死で尊大な自分を魅せつけることを

やめられずにいるので

常に必死です。

だからそのストレスで

常におなかの中は

怒りでいっぱいなのです。

だからちょっとしたきっかけで

いつでも怒る可能性を秘めていますし、

あなたに関係のないところで

彼が勝てないような権力者などから

理不尽な怒りをぶつけられても

そこでは怒りをぶちまけることはせず、

黙って持ち帰り、

安心して怒りをぶつけられる

相手のところまで

我慢することができます。

要するに怒りをしまったり出したりが

できるのです。

そしてその怒りを

あなたにぶつけたりもしますので

いくらあなたが気を付けていても

彼が怒ることは

避けられません。

だからその時の対処の仕方と

彼はいつ怒るか分からない、ということと

自分のせいではない、

ということを覚えておいてください。

彼が怒る理由を

自分だと思うと本当に辛くなってしまうし、

自分のことを何もしていないのに

怒られるみじめな存在のように

あなた自身が扱ってしまい

さらに自信を無くしてしまいます。

自己愛性人格障害の被害者が

自分を責めてしまうのは

その自己愛性人格障害の怒りの責任が

自分にあると思ってしまうことです。

でも、あなたが何をしようとしまいと

彼は怒るのです。

そこが病気で、自己愛性人格障害の彼が

病気にはとても見えないので

あなたが悪いのではと

思われてしまいます。

人は、何もないのに怒るわけがない、

と思うからです。

自己愛性人格障害の人には

常識は通用しません。

でも、普段とても紳士的で

常識的な人間に見えるため、

とても自分勝手な怒りを

何の関係もないあなたに

理不尽にぶつける人間には

見えません。

だから分からないのです。

だから防ぎようのない彼の怒りを

自分とは無関係のものにするため

彼が怒りだす前に、または

気づいた瞬間に

できるだけそーっと彼から離れるのです。

その場ですぐに

用事を作り、部屋を出ていったりして

彼があなたにこじつけで

何か言おうとしたときには

いう相手はいない、と

いう風にして下さい。

もし、間に合わなくて

彼が何か質問などをしてきても

彼は何を答えても

できるだけ彼の望むように

答えようとしても

あなたを悪者にする気だ、

ということを

心得ておいてください。

そうすることによって

驚かずに済むし

心の準備ができます。

そして出来だけ答えないような

環境にもっていってください。

YESNOではっきりと答えず、

うーん、どうかあなというように

言葉を濁して考え込んでください。

彼は何を言っても違うと言ってきます。

だからう~んと考え込んで

はっきり答えなければ

彼も

怒りようがありません。

それでもはっきりして、と言われても

無視はせず、敵対心のない感じで

ずっと考え込んで

答えを出さないでください。

これを続けていると

彼はだんだんいうことが

なくなってきます。

できれば彼に一方的に

しゃべらせてください。

あなたが何もしなければ

彼が1人でやっているということが

浮き上がってきます。

そしてタイミングを見計らって

トイレとか友達が来るからと言って

彼といる時間を

できるだけ少なくしてください。

もともとあなたに何かあるわけではないので

そのうち彼もどうでもよくなります。

それを狙って

彼にあなたを怒るチャンスを

与えないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする