自己愛性人格障害の彼の嘘の秘密

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼の

嘘の秘密についてお話ししようと思います。

自己愛性人格障害の特徴の1つとして

代表的なものが嘘をつく、ということがありますが、

自己愛性人格障害の彼、本人の意思で

嘘をつくこともありますが、

自覚のない常に嘘をつき続けているような行動があります

Tiaraが彼とまだ一緒にいた頃、

彼が昔の彼女のことを話していて

彼女との付き合いをどんな付き合いをしたか

覚えていないといったことがあったんです。

「結構長いこと付き合っていたはずなのに

何にも覚えていないんだよ。。」

「どれくらい付き合ったの?」

「う。。んとね。2年くらいかな。。」

その時は本当に何気ない会話でした。

実は、自己愛性人格障害の人は、

ずっとその都度、その時に一番素敵な自分を演じ続けているため、

はたから見ると、

すごく素敵な彼ですが、

その都度、常に最高な自分を演じ続けているので

話につじつまが合わなくなるのは当然のことで、

そして、

常に演じ続けているので、

本人にその行動や言動に全く意思はなく、

全く覚えていないのです。

これが自己愛性人格障害のすてきな行動のなれの果てです。

悪いこともいいことも

常に演じ続けて、

自分の精神を保ち続けているため、

全く記憶になく、そしてまた次も、

同じことを繰り返しているのです。

彼の家に子供と遊びに行ったとき、

部屋のドアを開けると、

その時彼は、ソファーに座ってテレビを見ていたのですが、

その後ろ姿があまりにも素敵だったため、

Tiaraは思わずくすっと笑い、

「○○くん(彼の名前)、私たちが入ってきたのに

全然気づいていないね。」と息子に言ったのです。

息子もくすっと笑って「うん。」といったのですが、

今考えたら、その瞬間ですら、

彼は、自分が一番素敵に見える後ろ姿を演じていることに

Tiaraはなんとなく気づいていたのです。

すてきな自分を常に演じ続け、

人の心を魅了して、

自分の中のイライラを常に人にぶつけ続けて

そして、最後には

その関係をぶっ壊して、

何も残らない人生の繰り返しなのです。

今、Tiaraの元カレは、

5年間一緒に過ごした、TiaraやTiaraの子供たちとの

すてきな出来事を覚えているのでしょうか。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする