自己愛性人格障害の彼のことを、素敵な思い出にしましょう。

こんばんは♡

今日は、彼が自己愛性人格障害だと気付いているのに

別れても、戻りたいと思ってしまう心情について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の彼との思い出は

たくさんあると思います。

Tiaraにも自己愛性人格障害の元彼との

思い出はたくさんあります。

いつか、もう一度くらい話をして

あの時は本当はこんな気持ちだったんだよ、とか

本当は好きだったけど、あなたに分かってもらえないから

別れを言ったんだよ、とか言ってみたいなあ、

と今でも思っています。

でも、現実には、絶対にしません。

普通の感覚と同じではない、ということも

知っているからです。

彼が普通の人間だったら、とどんなに思っても

かなうはずはないからです。

彼は自己愛性人格障害で、

幼いころからの育ち方で、あなたを本当の意味で

愛することができません。

Tiaraもそれを知っているから

彼と話をしないのです。

でも、それは、頭では理解していても

心はすっきりしているわけではありません。

でもTiaraがすっきりしていようといまいと

自己愛性人格障害は治ることがないからです。

ただ単に、分からないだけなら一緒にいたかもしれません。

彼に本当の意味で愛されなくても、

Tiaraだけが愛しているだけでも

普通に過ごせるのでしたら一緒にいたかもしれません。

でも、自己愛性人格障害は、

大切なパートナーが自分を人間として価値が全くない、

とおもってしまうくらい

全力でつぶしてくるのです。

その恐怖は、耐えようと思っても

耐えられるレベルではありません。

あなたが、精神的に病んでしまうくらい、

しかも周りの人間からも悪人のように扱われて

恨まれてだれにも信用してもらえないくらいの

最悪な人間だと思われて世間や会社で生きてはいけないくらい

潰されてしまうくらい

全力でつぶしてくるくらいまでされて

しかも彼本人には、悪気は全くないのです。

それでも、

はいそうですか。

愛していますからそれでいいです、

という人は、いないと思います。

それでもたまに人生を最後まで

添い遂げる自己愛性人格障害の人のパートナーも

います。

死ぬまで、言うことを聞き続け、

世間の人にあいつはバカだバカだ、とののしられても

じっと耐えてそのまま、

夫が、自己愛性人格障害という病気なんだ、

と気づかずに添い遂げる人もいると言います。

それでも、あなたは

そんな結婚がしたいですか?

そんな人生、

せっかくこの世に生まれてきて

それでも好きだから、という理由で

自己愛性人格障害の人と一緒にいられますか?

きっと、一緒にいるうちに

好きだという気持ちもなくなってしまうでしょう。

それまでは、一緒にいたい、という人も

いるかもしれません。

それはそれでその人の人生です。

でも、Tiaraはそれが分かっていて

好きなら

いっしょにいたほうがいい、とは言えません。

好きならせめてまだ、きれいな思い出で終われるうちに

離れてしまったほうが

素敵な恋だったと言えるのではないでしょうか?

Tiaraは彼が好きだったし一緒にいたときは

すてきな思いもいっぱいできたと思います。

でもそれは、ひどくなる前に

別れてしまったからだと思います。

[ad#co-1]

元彼のことを恨むのも

嫌いになるのも嫌でした。

自分の心がつぶされてしまうのも

とても怖かったです。

好きなのに恐怖をかんじる、という

不思議な気持ちも体験しました。

でも、あれ以上怖い思いはできません。

心臓が止まります。

好きなのに心臓が止まるほどの

恐怖を感じるんです。

いえ、好きだからこそ

恐怖も感じるのかもしれません。

どうでもいい人なら

どう思われても何とも思いませんから。

どうでもいいなら

離れてしまっても何とも思いませんから。

それを言ったら

「試してみようか?」と言われました。

もしかしたら、好きじゃなくなっても

怖いのかもしれません。

とにかく、自己愛性人格障害の恐怖は

体験してみないと本当に分かりません。

自己愛性人格障害の被害にあった人にしか

分からない、この世のものとは思えないほどの

恐怖なのです。

あのまま、一緒にいたらどうなっていたか分かりません。

今は、離れて本当によかったと

思っています。

離れたからこそ

今でも彼を好きでいられるのでしょう。

でも、いつまでも

架空の存在を愛していても仕方がないです。

自分が楽しいと思う世界に

飛び出すだけのことなのかもしれません。

あなたには、素敵な未来が

待っているのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする