自己愛性人格障害の人の謝ってきたときの時の重要な理解のしかた

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の、謝ってきた時の

理解のしかたについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

あなたが何もしていなくても怒ります。

これは、重要ですので、常に心得ておいてくださいね。

機嫌の悪い時、八つ当たりすることは

普通の人でもしてしまうことってありますよね?

でも、普通の人は、

ある程度、自分で八つ当たりしたことを分かっていて

しばらくたってから

「ごめん。さっきは言いすぎた。」や

「ちょっと嫌なことがあって。。ごめんね。」

ということがほとんどで、

もし、言葉にして言わなかったとしても

自分でちゃんとそれは、あなたのせいではないことを

自覚しています

でも、自己愛性人格障害の人も、

「さっきはごめんね。」といったり

「ちょっと八つ当たりしちゃったんだ。」ということはあると思います。

自己愛性人格障害の人と

普通の人の謝罪の言葉の意味に違いがあることは

ほとんど分からないと思いますが、

両者は、はっきりと違うのです。

普通の人の謝罪の言葉は、

本当に八つ当たりして悪かったな、という思いがあって

謝っていますが、

自己愛性人格障害の人の謝罪の言葉は、

自分が悪く思われることを非常に恐れていますので、

その恐怖から、謝ったり、

謝ることによって

あなたが安心してそばにいられるよう

コントロールするために謝ったりするだけ

あなたに悪いという思いで謝っているわけではありません。

あなたが悪くない、ということはすっかり頭から

抜けているのです。

この微妙な違いは、ちょっとやそっとじゃなかなか

わからないと思います。

でもしばらく一緒にいて、

自己愛性人格障害の人に

精神的虐待を何度もされていれば、それが

自分に本当に悪いと思って謝っているわけではないと分かります。

その時に初めて、

何とも言えないような恐怖心を覚えます。

今まで、あなたのことを

愛してくれていて、一緒にいてくれると思っていた彼が、

自己愛性人格障害という病気のため、

その恐怖心から、

あなたを安心して虐待したり、

自分の罪を擦り付ける便利な小道具として

扱っているのか分かります。

あなたは自分の彼が、自分のことをそんな風にしか扱っていないことに気づくと

何とも言えない恐怖心を抱くでしょう。

自己愛性人格障害の人の

八つ当たりをしてきたときの彼の言い分と現実の態度を見て

できるだけ早く判断したほうが

ショックは少なくて済むと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする