自己愛性人格障害の人から攻撃を受けない存在になれるのは?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ふだんは

とてもサービス精神が旺盛だ

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

ふだんは尊大な自分を魅せつけていなければ

居られないので、

すてきな人が多いです。

 

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の人は、

人に好かれたいという気持ちも

普通の人に比べて

尋常じゃないくらい強いんじゃないか

と思います。

 

だから、普段は、

周りにいる人に

いちいち親切にしたり

テンションが高く楽しませたりしています。

 

Tiaraの彼も

ふだんはちょっとテンション高めで

いつも

人を笑わせたり、周りの人に

親切に世話を焼いていたりするので

とても素敵な人だと思っていたんです。

 

 

自己愛性人格障害の人の

第一印象は、

普通の人よりもただいい人、というよりは

ちょっと良すぎる、というのも

そういうところからきているのだと思います。

だから自己愛性人格障害の彼を

あなたが忘れられないとしたら

初めのころの

ちょっとテンションの高い彼が

普通だと思っていて

そのころの彼に戻ってくれないかと

こだわっているのだと思います。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

その状態がとても自然に見えるのですが

実はそうではなく

その素敵に見える部分でさえも

その病気の特徴から

どうしても人に尊大で素敵な自分を

魅せつけなければいけないので

いつも全力で無理をしている状態です。

 

怒るときも虚勢を張っていますし

楽しくて親切な時も

全速力で常に気を貼って無理をしているので

とても疲れているのです。

 

 

だからその状態がいい時も悪い時も

常に無理をしているので

本人にとってはとても辛い状態なのです。

 

だから常にイライラがたまり

いつでも爆発させられる時があれば

爆発したいと無意識に考えてるのです。

 

 

あなたが彼にとって

安心できる存在でなければ

あなたに爆発したりすることはありません。

 

でも、あなたは彼のことが

とても好きなので全力で

あなたに寄り添っています。

 

だからあなたなら

彼は安心して怒りをぶつけることが

できるのです。

 

俺のこと好きなら分かってくれるよね?

という感じで

あなたに甘えているのです。

 

あなたに甘えているというと

可愛く聞こえてしまうかもしれませんが

自己愛性人格障害の症状は

そんなに生易しいものではありません。

 

甘えられると思った人には

とことん甘えてしまい

限度がありません。

 

怒るときもどんどん怒りをぶつけてしまい

それをあなたが受け止めてしまうと

やってもいいんだね?とでもいうように

どんどん怒りを強めて

限度なくあなたをののしり

自分の気持ちをすっきりさせます。

 

そこをそんなことをしちゃだめだよ、

とわかってほしいところですが

そこまでなったときには

あなたは彼に怒りを

ぶつけ放題してもいい存在に

なってしまっているので

話を聞く耳を持ちません。

 

彼は自分のやりたいようにやるだけなのです。

 

 

あなたの気持ちを理解することが

できるのであれば

そもそもこんなことには

なりません。

 

 

 

自己愛性人格障害の人に

話を分かってもらおうと思っても

被害者には無理なのです。

 

話を聞いてもらうには

あなたが彼にとって

この人に言うことは聞かなければならない、と

勝手に思ってしまうような

彼が絶対に勝てない存在に

ならなければ無理なのです。

 

でも、いったんターゲットになってしまった人が

自己愛性人格障害の人から

崇められる存在になること自体

難しいでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください