自己愛性人格障害の人は相手を思いやることができない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

相手の気持ちを思いやる気持ちについて

お話ししたいと思います。

彼に背中が凍り付くようなことを

言われるとショックですよね。

あなたのことを大切にしてくれていると

思っていたのに

こんなひどいことを言うわけがないと

信じられない気持ちとショックで

混乱すると思います。

でも、自己愛性人格障害の人は

相手の気持ちを思いやることが

できないのです。

そのあまりにも相手の気持ちを

思いやる気持ちのなさに

恐怖すら覚えます。

そんな人間がいるのかと

ましてやあなたのことを

世界で一番大事にしてくれている

と思っていた彼から出る言葉とは

とうてい思えません。

思いやりがないどころか、

彼のために尽くしている人ほど

どん底に突き落とすようなことを

わざわざして

それに相手が何も言わないと

どんどん攻撃を強めてきます。

そしてだんだんに

あなたをどんどん叩き潰していく力を強めていく

何とも恐ろしい心情を

無意識に持つ病気なのです。

でも、それは、

あなたのことを思っていないのではなく

人のことを考える余裕もないほど

強烈に自尊心がない病気なのです。

あなたが辛いと言っても

泣いても悲しんでも

そんなことは考えられる余裕は

全くないのです。

はたから見たら全然わかりませんが

それほどまでに辛い思いをしてきたのです。

自己愛性人格障害の人も

自分では自覚が全くありませんが

それほどまでに自尊心が全くないのです。

むしろ被害者の人よりも

ないくらいで、ただ、自分はそんな人間なんだと

自覚しても生きていけないほど辛くて

現実を受け入れられないので

自分はそんな人間じゃない、

みんなに尊敬されるような

立派な人間なんだ、

と思い込んでいないと

いられないのです。

それくらい自尊心がないことも自分で

認められないほど

傷ついているのです。

だから、自己愛性人格障害の人は

やっていることは

本当に残酷でひどいことをしていますが

心の中では非常に傷ついているのです。

だからと言って被害者に

このようなことをしていいわけではありません。

でも、それを考えられないほど

自分でいっぱいいっぱいなのです。

それも彼の子供のころの

辛い経験からきているのです。

だから自己愛性人格障害の人を

責めず、それでもそばにいられないので

そっと離れるのが一番いいのです。

自己愛性人格障害の特徴を

よく理解し、

あなたには関係のないことで

彼は怒りを抑えることができないので

あなたは自分の身を守るために

そこから離れなければならないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする