自己愛性人格障害を刺激をしないようにそ~っと逃げる方法

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害から

彼を刺激しないように上手に縁を切る方法をお話しします。

まず、あなたの彼がもし、自己愛性人格障害だと

分かった場合は、残念ですが、そのまま彼といても

幸せな未来は生まれないでしょう。

あなたはあなたの幸せを考えて

彼とは違ったところで幸せを見つけるほうがいいと思います。

彼のことがまだ好きだった場合、

一緒にいるとだんだんに彼のほうがあなたを軽視するようになり

いうことを聞けば聞くほど便利な道具として

扱われてしまうだけなので、

悲しいですが、せめて彼があなたを追っているうちに

逃げたほうが、あなたの中にも彼の中にも

きれいな思い出として残ります。

もし、今続けられたとしても

何年後かには必ずどちらかが耐えられなくなる時が

きますので、なるべくきれいな思い出のうちに

彼から離れてしまいましょう。

Tiaraも本当に何とかならないか努力しましたが、

別れたほうが、まだ彼に未練を持ってもらえると思って

必死で逃げました。

そして逃げた後は連絡を完全にシャットアウトしてしまうのです。

もし、ラインや電話など来てしまったときも

中途半端なことはせず、一切相手にしないほうが

あなたのこともきれいに思ってもらえるでしょう。

中途半端に話し合いをしたり、相手をしてしまえば、

彼をもっと怒らせることになったり、

あなた自身がののしられたり、

ひどい場合はもっと恐ろしい思いをすることになるだけなので

一切連絡を絶ちます。

Tiaraはこの方法がベストだと考え、後悔はしていません。

彼に愛されたかったので、涙が出ることもありますが、

きれいな思い出にしてよかったと思っています。

病気だから仕方ないのです。

まず、一番いいのは彼のほうから別れを切り出してきたときに

「わかった。」と一言だけ言って

ありがとう、元気でね、とあっさり身を引くことです。

自己愛性人格障害は、何度も戻ってきますので

また連絡をしてくる可能性は大ですので

その間にできれば連絡手段を全部絶っておいてください。

もし中途半端に連絡が取れるような状態にしておき

彼からの電話やラインを無視してしまうと

今度は逆恨みされてしまうので

あなたが別れた直後に連絡手段を断っておいてしまえば

彼の言うことを聞いて別れたことになります。

それだと彼も何も言えなくなってしまうので

あなたのせいだとは考えられなくなります。

そして、しまった、と後悔しても

自分が別れる、と言ってしまったのですから彼自身のせいです。

これが別れ方のベストで

あなたも嫌な思いをすることが極力小さい方法になります。

もし、同じ職場や学校などで

顔を合わせてしまう機会がある場合ははっきりとは言わず

少しづつフェードアウトが一番いいでしょう。

それでもできれば彼と顔を合わせる機会は減らしたほうがいいでしょう。

Tiaraも会社は同じでしたので、顔は合わせましたが、

会社の上司に協力してもらい、Tiaraとは話せないようにしてもらっていました。

それでも、周りの人には気づかれないように普通の顔をして過ごし、

彼もまた自己愛性人格障害ですので、

自分のかっこ悪いところは周りに人がいる状態では

一切見せません。

でも,心情は穏やかではなかったと思います。

なのでもし二人きりになるようなことがあれば

本当に危険だと思いますので、

本当に身に危険を感じたらすぐにでも警察に連絡する覚悟は

しておいたほうがいいとは思います。

自己愛性人格障害もサイコパスではないので、

脳は正常です。

心の病気なのでひどいことはしますが、

心を傷つけることで、つかまる心配はないと思っていますが、

犯罪を起こせば捕まることはわかっているので、

犯罪だと思われる行動だけはしないと思われます。

なので、、会社や学校で立場が上の人に相談しておくのもいいです。

ただしそれは上司が味方に付いてくれそうな場合のみで

そうでなければ周りには信じてもらえない可能性があるので

言わないほうがいいです。

その後一切彼と口をきくこともなく

会社を辞めました。

本当にすべて失う覚悟でやらないと

自己愛性人格障害とは別れるのは難しいと思います。

それでも、自己愛性人格障害と別れた後は

あなたはいつでも再スタートが切れます。

Tiaraもいくら好きでも、心を殺されTiaraの存在まで

抹消されてまで自己愛性人格障害の彼と一緒にいたくはありませんでした。

自己愛性人格障害とは単なる嫌な奴、

というレベルではありません。

ずっと一緒にいれば、本当に精神が殺されるくらいのことをされます。

生易しいことが書いてあるサイトはうのみにしないでください。

ただし、自己愛性人格障害の人も

好きでそんな感覚になったのではありません。

いつまでも恨みに思わず彼からはそっと離れてくださいね。

そのあとのあなたの未来は幸せでありますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする