自己愛性人格障害の被害者になる人は争いごとが嫌いな人が多い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者の

ものの考え方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

ひととの摩擦が極端に怖い方が

多いと思います。

 

誰でも争いごとは

嫌いでしょうが

中には、正義感が強く

問題が起こったときに

今すぐに解決したいような人や、

違うことをそのまま流せない人もいます。

 

こういった人は

自己愛性人格障害の被害に遭うことは

ありません。

 

 

ですが、

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

極端に争うごとが嫌いで

間違いをしてして

もめるくらいなら、黙っていよう、

とかこれくらいのことあるよね、と

流してしまうのです。

 

 

相手ともめたくないとか

分かってあげようとか思ってしまい

問題に気づいているにも関わらず

それが過ぎ去ってしまうのを待ち

時間がたつとなあなあになって

また仲良くできると思ってしまう。

これを繰り返していると

相手が自己愛性人格障害だった場合、

あなたは非常に都合の良い人と

なってしまいます。

 

被害者の人のことなかれ主義によって

事を大きくしてしまうのです。

 

今までは、

もめ事を起こしたくないから

もめ事を起こすくらいなら

相手の言いなりになっていたほうがいい、

と思っていたYESマンだったのなら

これからはYESマンになるのではなく

嫌なことがあったら、

即座に逃げてください。

 

逃げ足が速ければ早いほど

嫌なことから逃げられます。

 

嫌なことから逃げられない、という

きれいごとは

嫌なことをやってくれる

便利な人をそばに置きたい

ずるい人間が考え出した言葉だと

思ってください。

 

そうでないなら、

その人があなたが我慢することによって

得をしていないかどうかを

見てみてください。

 

そして、得をしている場合なら

あなたに感謝の気持ちを持っているかどうか

よく観察してみてください。

 

あなたのためにも

嫌なことをしてでも

頑張っていてくれているかをよく

見てみてください。

 

いっぽう的に

あなただけに

嫌なこと、我慢させることをしておきながら

自分は知らん顔をしていたり

あなたにさせることで

楽をしていてあなたに対して

感謝の気持ちも持っていない人だとしたなら

あなたは

この人のために我慢をしたり

耐えたりする価値のある人ですか?

 

ましてや

あなたを故意に傷つけたり

不安にさせたりするような人のために

我慢をする必要がありますか?

 

もし、後者だとしたら

自己愛性人格障害ではなくても

あなたのことを大切にするとは

とても思えませんので

その人から全力で逃げることを

お勧めします。

 

逃げるときはあなたが悪者にならないよう

彼のしたことはそっと彼にお返しをして

あなたが受けないようにして

即座にそっと逃げるようにしてください。

 

ぐずぐずしていればしているほど

代償は大きくなります。

 

彼のしたことは

彼に責任を持たせて

関係のないあなたが背負うことだけは

やめてください。

 

あなたが彼の責任を背負うことによって

あなたが彼に分かってもらえる

ということを

理解しておいてください。

 

そうすることによって

自己愛性人格障害のひとは

まずます

責任感の強いあなたに

どんどんひどいことへの責任を

押し付けてくるでしょう。

 

もめ事を起こしたくないのなら

あなたの責任ではないことから

即座に逃げる逃げ足の速さを

鍛えるようにして下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください