自己愛性人格障害のひとのおなかの中の怒りを爆発させるには、彼が怒ってもおかしくない理由が必要

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

おなかの中の怒りを爆発させるには

彼が怒ってもおかしくない状況を

作り出すことが必要だということについて

お話ししたいと思います。

 

あなたは自己愛性人格障害の彼が

怒っている理由は

あなたにあると考えていますか?

 

実は、あなたは何もしていないのです。

 

たとえば、もしあなたが彼に怒られる理由が

あるとしても

それを最大限にひどいことまで持っていくのが

自己愛性人格障害の人はうまいので、

誰にでもあるような些細なことでも

それを理由にあなたを怒鳴りつけたり

拒否できるようなことにしてしまいます。

 

 

そして、もし彼が

あなたと同じようなことをしても

自分のことは

軽く流してしまったりします。

 

自己愛性人格障害のひとの特徴の1つに

自尊心があまりにも低いため

常におなかの中の怒りをかかえている、

というものがあります。

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころの育った環境で

共感力というものを育てる環境になかったため

人の気持ちが分かりません。

 

そしてあまりにも低い自尊心を持つために

いつもはそうは見えませんが、

人に嫌われていないか

常にびくびくしています。


 

そしてそう思われないためにも

尊大で立派でおおらかな自分を演じることを

やめることができず、

常に必死で生きています。

 

でも、あまりにも必死になってしまっているところを

ほかの人から見ても分かると

恥ずかしいので

常にそんなことはないと

かくして堂々としています。

 

そのため、そうは見えませんが

当人は必死なので

非常に疲れた状態なのです。

そして普段は尊大で立派な人物を演じているのですが

その疲れとイライラから

怒りを抑えきれないタイミングが

たびたび来ます。

 

ですが、その場でキレてしまうと

周りの人にどう思われるか分からなくて

怖いので、

彼が怒る理由を作って

周りの人が、彼が怒っても仕方ない、

と思う理由を作り出すことが

あまりにもうまいのです。

 

そしてあなたはその材料に使われています。

 

そして共依存症の人は

誰かと一緒にいないと

不安になるために

全力で相手に合わせようとします。

 

なので彼が怒りだした原因が自分にあると考え

彼の気持ちを取り戻すために全力で

彼に合わせようとします。

 

だからあなたが何もしていなくても

彼が理不尽に怒りをぶつけてくるおかしさに

気づくことができないのです。

 

そしてあなたの相手が自己愛性人格障害だった場合

この両方の性質が

ぴったりと当てはまり、

片方は怒りをぶつけ続けあなたを自分に依存させ

もう片方はその怒りを自分のせいだと思い込み

必死で相手に合わせて

自分を認めてもらおうとします。

 

そしてそのルーティーンは

何度も繰り返されて

やがてはお互いの症状を

強めあってしまうのです。

 

それは二人にとって

地獄としか言いようがありません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自責の念がないため

永遠に繰り返してしまい、

どんどん勢いを強めていくので

たまらなくなった被害者が

自分で気づくしか抜け道はないのです。

 

でも、気づいても

共依存症の場合は

相手を失うことに

異常な恐怖心を感じてしまうので

苦しくても彼から離れることが

なかなか難しくなります。

 

そんな状態になってしまった後も

彼から離れることができないと

彼の症状は強くなっていくばかりですので

あなたへの嫌がらせの頻度も

人格否定も存在無視もどんどんひどくなって

被害者は心が壊れてしまうほどに

自尊心が壊れてしまい、

ひどい場合は、うつ病になったり

自殺願望を持ってしまったりすることがあるのです。

 

もし、彼が怒っている理由が

自分にはない、ということに気づいたら

一刻も早く

彼から離れるように

自分の心を彼以外の別の方向へ

興味を移していかなければなりませんが、

症状がひどくなると

離れることが自分では

なかなか難しくなってしまいます。

 

こうなる前に

彼が自己愛性人格障害だと気付いたら

自分を守るために

できるだけ早く逃げる方法を考えましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください