自己愛性人格障害のひとの攻撃をやめさせるにはどうしたらいいのか?

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼の攻撃に

どうやって無関心になればいいのかを

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは、

彼が突き放したときに

すり寄ってくるあなたを、見たいのです。

だから、彼にすがりついてはいけません。

彼に縋り付くことは

自己愛性人格障害のひとの

思う通りになってしまうのです。

そのうえであなたが傷つくところを

見たいがために冷たく突き放します。

自己愛性人格障害のひとは

自分でも気づいていませんが、

人をつぶしていないと

不安になるのです。

自分には価値がないような気がして

生きていることすら、

辛くなるくらいの

自尊心のなさから

他人がイキイキとしているところや

楽しそうなところを見ると

とてつもなく不安になり

その極端な自尊心の低さから

恐怖となり、、瞬時にそのひとを潰したくなります。

前もって準備をしているわけではなく

どうしてもそうなってしまうのです。

そして、それは誰にたいしても

おなじなのですが、

そのあまりにも低すぎる自尊心から

自分が価値のない人間ではないかと

怯えています。

だからふだんはなにも

いわないのですが

いわゆるターゲットになりそうな人や

恋人や奥様など

自己愛性人格障害のひとから

なかなか離れていかないような、立場の人や

彼の事を絶賛している人物には

彼の怒りや感情を

ぶつけても大丈夫かなと安心します。

そしてふだんは臆病なため

悪く思われることが怖くて

いい人を演じています。

しかし、本当は、その心のなかは

恐怖と不安でいっぱいなのです。

自己愛性人格障害のひとを

本当にいいひとだと信用してついてきたひとには

安心して彼の怒りをぶつけてもいいのかなと

思ってしまいます。



少し優しくすれば

すぐに許してくれて

勘違いかな?と思って許してくれそうな

優しい人だと分かると

安心してその心の中の怒りをぶつけてきます。

そして、その欲求は

だんだんとエスカレートしていき、

虐待を強めていきます。

その虐待を強めていっているにも関わらず

相手が必死ですがり付いてくる姿を見て

自己愛性人格障害のひとは

少しだけ高揚します。

それほどまでに

自分は価値のある存在なんだと。

そしてそれがやめられなくなり

惹きつけと虐待を交互に行い

あなたの精神を壊していくことで

安らぎを得るのです。

それが、自己愛性人格障害の嫌がらせを

強めている原因にもなるのです。

そして、

自己愛性人格障害のひとの、

攻撃が辛いと苦しんでいるのに

彼から離れていかないひとをみると

自己愛性人格障害のひとは

どんどんいやがらせを強めてきます。

自分の愛が彼に通じないと

悲しんでいるのですが、

自己愛性人格障害のひとは

愛が通じていないのでは

ありません。

あなたに愛があることに

高揚し、それでも突き放すことに

優越感をいだいていきます。

付き合いだして、まだ間がないころは、

自己愛性人格障害のいやがらせに

相手が逃げていってしまうかもしれないので、

様子を見ながら少しづつ試してみて

あなたの様子を伺っています。

そして、あなたが嫌がらせをしてもついてくるほど

自尊心の低い人間だと分かると

あなたのことを分かってあげられるのは

自分だけなんだとあなたの心をつかみに来ます。

愛に飢えているあなたは

その愛を真実の愛情だととらえ

彼にどんなことがあってもついていく

と決意するのです。

でも、彼が自己愛性人格障害だった場合、

あなたの愛情が深ければ深いほど

ひどいことをされても

彼の心の苦しみを分かってあげようとするのです。

最大限に努力を続けてきたあなたは

彼が他の女の子のところに行くことや

あなたから離れていくことに我慢できなくなって

すがってしまうのです。

あなたが彼にすがり続ける限り

彼はあなたを突き放し続け

どん底まで限界なく何度も何度も

突き落としていくのです。

それさえ理解できれば

そうしてしまう彼の心情も理解でき

さらに彼と一緒にはいられないと納得することが

できます。

それが、彼に無関心になれるために

あなたが理解しなければならないことなのです。

そしてあなたさえ、

自己愛性人格障害の特徴を理解し、

本当の意味で、彼に無関心になることさえできれば、

彼があなたを突き放したとしても

あなたには何の意味もなくなるでしょう。

そうすると彼は一人でしていることになるのです。

あなたの心が彼に向いていないと気づくと

むなしくなり、

あなたを虐待することをやめてしまいます。

それでやっとモラハラを押さえることが

できるのです。

彼にそんなことをしてほしくないと感じたり

あなた自身がこれ以上傷つきたくないと

考えるのなら

自己愛性人格障害のひとに

恨みも好意も、どちらも持つこともなくなるのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする