自己愛性人格障害のひとは他人をどうしても見下して言わないと気が済まない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分よりも他人を必ず下に言わなければ

気が済まない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとを見ていると

本当に驚くことがたくさんあります。

 

中には表向きは落ち着いて見える人も

いるので

分かりにくい場合もありますが、

思い切り表面に出てしまっている人も

みえます。

 

自己愛性人格障害にも

個性がありますので

どうしても自分のことを

周りの人に聞こえるような

大きな声でアピールするひともいるのです。

 

この場合、この自己愛性人格障害のひとは

話をしている人と

会話をしているわけではありません

 

 

そういう人は

よく見ていると

誰か他人と話しているときも

周りの目をしっかり意識していて

一緒に会話をしている人だけでなく

周りのひとにも聞こえるような大きな声で

自分のことを有能だといっているのです。

 

 

Tiaraの席の隣の女の子ですが

Tiaraは自己愛性人格障害ではないかと

疑っています。

 

なぜかというと

何をは話していても

人のことをバカにしたような

冗談めいた話し方で

話しのネタのひとをディスるのです。

 

たとえばそんなに知らないくせに

「あの人、(自己愛性人格障害の)

課長に怒られていたよ。」と

かわいそうだなと思って話しても

まるでTiaraと話しているわけではなく

周りの人に聞かせるように大きな声で

「あんなのダメな人に決まってるじゃん!!」

と嬉しそうにふざけながら言ったりします。

 

彼女はまだ入ってきたばかりだから

知らないと思いますが

その話のネタになっている人は

見た目こそオタクっぽくて

気が弱そうなタイプに見えますが

大変頭がよく有能な方です。

 

ただ、謙虚でおとなしく

まじめなタイプなので

言いやすく

たまに自己愛性人格障害の課長の

おなかの中の怒りを

その人のせいではないのに

ぶつけられています。

 

 

それはその人が悪いわけではなく

自己愛性人格障害のひとの

こじ付けなのです。

 

Tiaraはもちろん気づいていましたし

普段いろいろな仕事を回す彼は有能で

弁に長けているわけではありませんが

できるだけ細かく調べて

分かりやすく説明することができます。

 

 

ただ、その時は

自己愛性人格障害の課長が

とにかくこじつけて

その人が悪いように言っていたので

怖かったでしょうし、

ドキドキして、ちょっとどもって

まごまごしていたのです。

 

顔を真っ赤にしながら

「あの。。。すいません。。。

 

ですが。。

 

それは。。。

あの、。。。」と

どれだけ、課長が言うことについて

説明しようと

何とか間に入ろうと思っても

自己愛性人格障害の課長の説教は

大声で怒鳴りつけ、間を置かないほど早口で

まくしたてるので

入りたくてもい入るスキが

なかったのだと思います。

 

それを何も知らずに

「あの人そんな感じのひとじゃん!!

ダメ男ぽくてそりゃ怒られるよ!」

とキャラキャラと甲高い声で

大笑いし、

周りのひとにも丸聞こえな大きな声で

その人の失敗をさらして

大笑いしていました。

 

 

彼女は何もこの人のことだけでなく

TiaraのこともTiaraの話の中に出てくる人も

周りの人のことも両親も

必ず笑って大声で

周りの人に聞こえるように大きな声で

1つも漏らすことなく

ディスり飛ばすのです。

 

このことはTiaraだけでなく

周りの席のひともみんな

感じていたみたいです。

 

みんな

初めからそう思ってました、

と言っていました。

 

自己愛性人格障害のひとは

大げさではなく

1つも相手のことを認めないのです。

 

もしも普段ディスっていたとしても

たまには

「ああ、あの人はすごいよね。」とか

「そういうこともあるよ。」

とか

「分かるよ。」などということも

たまにはあれば

おかしいとは思いません。

 

 

しかし、この子については

極端に人を認めた話をすることがないのです。

 

Tiaraはおそらく

彼女は自己愛性人格障害ではないかと

おもいます。

 

自己愛性人格障害のひとも

尊大な自分や温厚な

もの分かりの良い自分を演じているときも

ありますので

そういったときは

寛大な話をしたり

「自分にもわかるよ。」

と言ったりすることがありますが

そんなときは声のトーンや言い方

目線の寄せ方で立派な自分を演じているのが

分かります。

 

ですが、普段のセリフや態度などで

分かるのです。

 

この子がもし自己愛性人格障害だったとした

とんでもないことになります。

 

Tiaraとは全く関係のない見たこともなく

彼女の友達のことを

「こんなこともできないんだよ。」

「あんなこともできないんだよ?」

と何回か聞いたことがあります。

 

こういうところも

もともと気になっていました。

 

Tiaraが見たこともない

その女の子の友達のダメなところを聞いても

どうしようもありません。

 

ただ、その時は

友達のダメなことを聞かされても

どうしようもありません。

 

 

それなのにそんな細かい

Tiaraに全く関係のない

友達のダメなところを

言わなければいられないほど

彼女の自尊心が傷ついているのです。

 

自己愛性人格障害とは

本当に恐ろしいです。

 

友達だろうが恋人だろうが

一生懸命やればやるほど

バカにされていくのです。

 

この子がもし自己愛性人格障害だったら

大変なことになりますので

これからはできるだけ距離をとって

付き合っていったほうが

安心なのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

あまり話さないほうがいいです。

 

自己愛性人格障害のひとの口によって

あなたの評判は

落とされていってしまうのです。

 

あなたの愛を向けてもいい人といけない人がいるので

しっかりとあなたが見極めていかなければ

なりません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください